ろいろい

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~のろいろいのレビュー・感想・評価

4.2
"できるかもしれない。こんな俺でも、無職の引きこもりでクズな俺でも。人生をやり直すことが、本気で生きていくことが。"

■キャッチコピー
「本気で生きたい」

■作品について
本作のアニメ化にあたっては、プロジェクトを長期的かつ計画的に継続する体制が必要であるとする判断から、WHITE FOXとEGG FIRMの共同出資でスタジオバインドが設立された。

■感想
間違いなく、異世界転生作品が好きな人にオススメできる作品。
よくある現実逃避のための異世界転生ではなく、現実を見つめなおすための異世界転生もの。
あまりなろう系に詳しくないけど、この世にありふれた「異世界転生系」の先駆的な作品ということで群を抜いている。

大まかな設定自体は凄くシンプル。だけど、1つ1つの要素を磨き上げると「あーこんなに違うんだなあ」と思える。
基本に忠実。そして基本を磨き上げることこそが重要なのがよくわかる。

そして何と言っても、作画のクオリティが高い。
さすがにこの作品のためだけにアニメ制作会社を設立しただけはある!!

世界観の深さにも感激。
まだ全貌は出ていないけど、かなり凝っている。
ナレーションが杉田さんなのも味を出していて良い。

少々エロシーンが多いように感じるけど、引きこもりニートが異世界転生した設定なのでしょうがないでしょう。
ただ、父親の浮気からの子供をつくってしまうシーンは人によっては厳しいかもしれない。

全体的に言うと、主人公が過去のトラウマを異世界で克服しようと努力するシーンに凄く好感が持てた。
努力する主人公は好き!
原作者さんは現実逃避な妄想ではなく、人が生きる現実・意味を考えて作品を書いているように感じ取れる作品だった。

第2部が待ち遠しい。