あんへる

聖剣の刀鍛冶のあんへるのレビュー・感想・評価

聖剣の刀鍛冶(2009年製作のアニメ)
3.4
【2009年秋アニメ作品{全12話}】

『お前の鞘を抜け』(意味深)←

交易都市を守る新米騎士の少女と刀鍛冶の少年のお話。

個々のエピソード自体はそれなりによく出来ていると思ったが、終盤(ラスト2話)がだいぶお粗末なおかげで全体的にパッとしないアニメになっちゃった感が。
1クールアニメにあまりアレコレ期待するのは酷な話ではあるけど、敵の具体的な目的や信念がよくわからない上に、OPとかでわざわざ意味ありげに登場させてるキャラが実際大した役割も背景もなく、ただストーリーを進行させる為の舞台装置としてしか機能していない感じがすこぶる拍子抜けというか。出来れば最低限の“着地”をしてから幕を引いて頂きたかった。
尺不足のアニメにありがちといえばありがちではあるが、本当に締め方って大事だと思うね。

キャラデザが若干狙い過ぎている感もあるが、セシリーもルークも魅力的ではあると思うし、刀鍛冶や魔剣の設定なんかも面白い。
あとアクションシーンが結構気合い入ってる。
カメラワークがカッコいい上にエフェクトもキレてて見応えがある。その点、バトルで魅せようという気概が大いに感じられて良い。

ところで、おっぱいアーマーって本当に実用的なんすかねぇ。
いや、当然心臓が人体の急所ってのは大前提としてあるし、お胸がたわわな女性は明らかに動作の邪魔になるだろうから、それを硬い素材でがっちり固定してしまうってのは激しい運動(殺し合い)をする上でかなり理にかなっているとは思うんですよね。
だから決してエロスを強調する為だけのデザインではないと変態紳士的には思ってる次第なんですが、、、って自分、ずっと何言ってんすかねぇ?


-------------------------------------------------------
[主題歌]

OP
 五條真由美「JUSTICE of LIGHT」

ED
 リサ(声:豊崎愛生)「みらくるハッピーディ」

-------------------------------------------------------