B: The Beginningに投稿された感想・評価 - 4ページ目

「B: The Beginning」に投稿された感想・評価

amo

amoの感想・評価

3.5
0
シーズン2まで見たけど、ちょっと消化不良。これは続くんですよ、、、ね??
海外のサスペンスドラマっぽくて、カーアクションのシーンなどは見応えたっぷり。
ザ・メンタリストをちょっと思い出した。
キースが基本一人で抱え込みすぎね!(平田広明さんの演技が渋くて素敵だから許すけど)
new

newの感想・評価

3.3
0
遥か昔に見た記憶。
どんな話か覚えていない。第2シーズンが最近配信され始めたので見直そうかな。
ナカムラ

ナカムラの感想・評価

2.0
0
書割りのキャラクター、背後に巨大な闇の組織、派手なエフェクトだけが飛び交う戦闘シーン
そして謎は次作へと持ち越される
数式の羅列で天才性を演出しようとするのは思わず失笑してしまった

ジャパニメーションの悪いところと海外ドラマの悪いところをかけ合わせたような本作は、まさに忌み子と呼ぶに相応しい
Pocalishead

Pocalisheadの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

さすがProduction I.G!
めちゃくちゃ面白い!

スケートボードを乗り回すイザナミが呟いているのは、中原中也訳、ランボーの詩集の中の黄金期というものらしい。
『声の或るもの/天子の如き!/厳密に聴きとれるは/私に属す/酔と狂気とを/決して誘わない/かの分岐する/千の問題/悦ばしくたやすい/この旋回を知れよ…』
ギルバートが言う『それは輪廻のように繰り返し、永遠に続いていく、消せないコードをお前に刻む』に近い意味だと勝手に解釈。

キースが解読した碑文の『二人の巫女の書』の、巫女のうちの一人がイザナミのことだとわかったときは鳥肌経ちました。BLかよと言えばそれまでですが…

黒羽がマーケットメイカーから呼ばれていた『ローエングリン』はアーサー王伝説に出てくる聖杯王パーシヴァルの長男で、父親の後継ぎをする騎士のこと…?
この伝説がB:にそのままそっくり反映されている訳ではない様

『白鯨』という小説は、世界十大小説で有名なものだそうです…小説は全く読まないもので、知りませんでした。ONE PIECEに出てくる船の名前や、スターバックスの名前の由来にもなっているとか

色々考察しながら何周も観直すほど好きだったのですが、2ndで一気に冷めてしまった…(;ω;)

監督のインタビュー記事も読み応えあってお勧めです!
私は残響のテロルよりも断然B派です◎
べに

べにの感想・評価

-
0
シーズン2が出たの知らなかった、、、
1は見たの2年前くらい?

受験期に勉強しながら見てましたがもちろん勉強は1ミリも進みませんでした。

情報量多すぎて疲れた...

石川界人目当てに視聴開始。
私の耳が悪いせいだろうけど、どの声優さんの声もイマイチ入ってこなかったな。被らせてるシーンも多くて...唯一平田さんだけスッと入ってきた。

全くシーズン1で解決しなかったから、木曜からのS2が気になるけど...
ビジュアル質が高い 刑事モノと亜人モノで更にどんな拡張がありそうか 
harutaro

harutaroの感想・評価

4.0
0
レビューにもあるように、同じテンションが続いているようでインパクトに欠ける部分もあるが
刑事ドラマのようで謎を明かす過程がおもしろかった!2期が楽しみでしかない。
私はPSYCHO-PASSがすきですがこのようなアニメ好きにはおすすめかもしれません!
見るなら2期が始まる今です!
atathi

atathiの感想・評価

2.8
0
ネットフリックスにて

残虐なシーンあり

ところところ描きがあまいが楽しく見れた

最後の戦いの後の後日談とSECONDへ繋ぐシーンに描きの甘さが最大に出ている

割と整ったアニメだっただけに残念
みかん

みかんの感想・評価

2.5
0
作画が結構良かった
作品の雰囲気は好きだったけどいまいちインパクトはなかった

あなたにおすすめの記事