daiyuuki

鬼滅の刃のdaiyuukiのレビュー・感想・評価

鬼滅の刃(2019年製作のアニメ)
5.0
時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされ、唯一生き残った妹の禰豆子は、鬼に変貌してしまう。
絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道を進む決意をする…。
吾峠呼世晴原作コミックスをアニメ化した作品。
家族を鬼に殺され、妹が鬼に変化してしまい、鬼と戦って妹を守るため、鬼狩りを使命とする「鬼殺隊」の育手である鱗滝左近次から「全集中の呼吸」「水の呼吸」の技を習って、最終選別試験を生き残り、鬼殺隊の一員として炭治郎が、鬼と闘う日々を、鱗滝左近次の下での修行や最終選別での手鬼との対決や初任務の浅草での手毬鬼との対決や那田蜘蛛山での鬼の一家との対決などの激闘、同期隊員の善逸や伊之助や先輩隊員の富岡義勇たちとの強い絆、鬼に堕ちた人間の哀しさを絡めて、ハイクオリティの作画とキャストの限界を超えた熱演、ダイナミックなアングルと躍動感のバトルで描かれていて、近年のジャンプコミックのアニメでは最高峰のアニメシリーズ。
特に、炭治郎が錆兎や真菰と修行するパート、炭治郎が珠世の助けを借りて手毬鬼と戦うパート、そして那田蜘蛛山での対決はまさに神回。
「生殺与奪の権を人に委ねるな」「失っても失っても生きていくしかないんですよ」「心は原動力だから、いくらでも強くなれる」