Free!-Eternal Summer-に投稿された感想・評価 - 2ページ目

「Free!-Eternal Summer-」に投稿された感想・評価

mura

muraの感想・評価

5.0
0
今期も最後涙なしに見れない…
みんなで1つのゴールに向かっていくっていうのに弱いので(駅伝とか)リレーは泣くしかない。

やっぱり凛ちゃんとはるちゃんの関係は特別だよね。
はるちゃんの夢が見つかってよかった。

部活してた頃の気持ちをちょっと思い出した。

あとエンディングめちゃめちゃ好き。

このレビューはネタバレを含みます

背中を押してくれそうな作品だなぁ、スポーツ漫画だけど現実的な壁にぶつかる感じがあるしなんかはるがあんまり表情見せてくれないから歯痒い時もあるけど周りの暖かさとか本当すき〜
りんとも仲良くなれたし、肩を壊して最後の水泳を楽しもうと凛の学校に引っ越した宗介は肩のこと隠しててリレーで鮫柄は2位で岩鳶に負けて全国出場で、でなんか色々あったけど岩鳶は全国6位で、それぞれみんな進路に向かってってった感じ。
りな

りなの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

Freeしかって言ってるのに最後はまさかのメンバーでメドレー泳ぐし、うるうるしました、、、

このシリーズかわからんけど、
はるちゃんまこちゃん渚+れいではなくりんということにれいちゃんが嫉妬?悔しくて?のシーンもジーンときたなぁ
shucchi

shucchiの感想・評価

3.6
0
1期と違い、凛たちとの和気藹々とした雰囲気が平和で良い。安心して楽しく観れる。
1期を観てそれぞれに愛着も湧いてきたしね。

なかなか綺麗な終わり方だと思ったけど、3期もあんのねぇ〜。怜ちゃん活躍してほしいな〜。
とん

とんの感想・評価

3.6
0
2期は未来を葛藤するのがメインでした。

皆の葛藤が凄く伝わってきて本当に感動した。

凛ちゃんの変わりようもすごくて、こっちの方が可愛すぎた。

学生の頃は2期の途中で見るのを諦めちゃったけど、やっぱ見た方がいい。



あと個人的に好きなのはED!みんな可愛すぎたし、何より凛ちゃんの腰振りがエロすぎた。

ごちそうさまですww
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

5.0
0
なんかもう、みんなまとめて抱きしめたい 笑
個人競技の選手でも、どんなに強くても、自分一人で上に行けるわけじゃないんだね。誰かのピンチは必ず誰かが支える、そんな関係性が眩しい。
半ば無理やり誘われて始めた怜ちゃんが先輩の卒業に一番泣いちゃってたのが、本当に良いチームを作れたことを物語っていて、こっちも泣けた。
水泳に関してもそれ以外でも等身大の高校生として悩む姿がたくさん描かれていたのが、彼らの日常を垣間見られたような感じがして良かった。
のり

のりの感想・評価

4.0
0
1話目からすげー、桜のプールが綺麗すぎ。そして最終回に再び桜のプール。

個人的には、はやとくんが背泳ぎで泳げるようになった回が好き。僕自身が泳げないので、勝手に親近感を覚えただけだけど。背泳ぎなら泳げるのかもしれないと思ったけど、それはそれで怖い。自分の背中側に水があると思うと安心はあまりできない。

ただ、ここまでfreeを見て思ったこととしては、水泳っていいなと感じた。今までは、自分から泳ぎたいと思ったことは無いけど、今はほんの少しだけ泳いでみたいと思っている。やはりアニメの力ってすごい。

水に抗うな、存在を受け入れろ。
             by 七瀬 遥
erikaru

erikaruの感想・評価

4.5
0
鑑賞記録用。

三年になったはるたちが
将来について悩み葛藤を抱える。
でも結局のところみんな泳ぐことが大好きで、最後までキラキラと皆でリレーを繋ぐ。

まこととはるの初めてのぶつかり合い。
はるがりんのおかけで夢を見つけたところ。
そして最後の大会の前に皆で海を
眺めながら涙をするところ。
涙腺、崩壊しました。

そしてそして、最後に
桜のプールリベンジ!!
感動。




世界は、広い。
み

みの感想・評価

4.1
0
高校生ならではの無茶振りとか悩みとか葛藤とかキラキラした青春とか、何もかもが眩しくて、ここ最近ずっと悩んでてどんよりした気持ちで見始めたはずなのにいつの間にか爽やかな気持ちになってた……

まこはる尊い
けんすけ

けんすけの感想・評価

4.1
0
3日間でシーズン1・2を見終わった。

シーズン2は高校生らしい悩みや気持ちを描いていて見ごたえがあった。

口調やセリフがシーズン1よりも少年漫画的なかっこつけた感じになってるような気がしたのは勘違いかな?

あと、いくつか展開がオタクな女子が喜びそうな点を意識してるのかな?という印象。

「見たことのない景色」という表現が各々の「フリー」な水泳なんだと解釈した。
仲間との絆はもちろん、それによってなされる自分の満足いく水泳。

チームプレイだからこそ気付ける感覚的な部分だから「景色」という表現が今作で妙に合点がいった。

あなたにおすすめの記事