Free!-Dive to the Future-に投稿された感想・評価 - 3ページ目

「Free!-Dive to the Future-」に投稿された感想・評価

モーと

モーとの感想・評価

4.1
0

このレビューはネタバレを含みます

序盤の日和は胸糞だった

後半和解してからはスッキリしたし、桐島兄弟のレースとか

れいとなぎさの決勝とか

中学生のチームとか

最初の4人とか

色んな集大成で大満足でした

結構ほろっときた
ねこ

ねこの感想・評価

4.7
0
 高校生で部活を作り出した頃からどんどん大きくなってって進んでって…
私がリアルタイムで見てたら夢がないから苦しくて見れなかったと思う笑
 今もキラキラしてなにかに打ち込んでる人はかっこいいそれだけ大変な思いをしているのはわかっているけれど
本当に青春で素敵
もこもも

もこももの感想・評価

4.5
0
"水泳と青春と絆の物語"

京都アニメーション大賞で奨励賞を受賞した『ハイ☆スピード』を原作とする情熱と感動と幸せが詰まった水の中の青春を描いた傑作アニメ

面白過ぎるし、熱すぎるし、
幸せになるし、めっちゃ感動した
安定した会話シーン面白さ、スピーディーな話の展開、水を主戦場とする水泳を題材とした京都アニメーションの神作画、そこに青春の悩みや葛藤、仲間との絆を巧みな心理描写によって絡めているのだから傑作としか言えない...

際立って競泳シーンは最高に熱くて、
その心理描写にはどれも心が動かされる
仲間としての絆が育まれていく様子、その絆を大切にする様子、受け継がれていく想いには胸を熱くさせられた
嫌いなキャラクターがいないどころか大好きじゃないキャラクターがいないぐらい、どのキャラクターもしっかり深掘りされていて、美しい容姿と個性豊かで優しさを感じる人間性から女子人気の高さも頷ける


⚫︎For the Team

「タイムも勝ち負けもどうでもいい
 大事なのは水を感じること...」

水泳部創設から遥、真琴、渚、怜の岩鳶高校のメンバーがチームになっていく過程、凛が自分の気持ちに素直になるまでの過程を描いた1期

"岩鳶高校メンバー"

渚と江ちゃんが入学してきたことにより水泳部を再設し、陸上部の怜ちゃんが入部することで岩鳶のメンバーが完成する

友情が育まれていく様子
友情が確固たるものになっていく様子
伝えていなかった本音を伝えていく様子
友達という言葉では伝えきれないくらいの繋がりを持っていく4人が堪らなく愛おしい

どうしても遥目線で観てしまうから
真琴の大きな優しさに安心と安らぎを貰って
渚の明るさに笑顔になれて
怜ちゃんのひたむきさに元気をもらえる

「その時に思い出したんだ
 一つのコースを繋いで泳ぐこと
 ゴールした場所にみんながいること
 そのことが 嬉しかった...
 おれも渚、怜、真琴
 おれもリレーに出たい
 お前たちと泳ぎたい もう一度」

"凛ちゃん"

オーストラリアで力の差に絶望し、日本に帰ってきても水泳に伸び悩み、かつての仲間に対して素直になれなかった凛ちゃん
凛ちゃんの気持ちは痛いほど共感できて、だからこそ1期終盤のメドレーリレーは涙が溢れた

水泳で凛ちゃんを傷つけてしまった遥の過去
2期の後に『ハイ・スピード』を観たからこそ、遥にとって凛ちゃんの存在がどれほど大きかったのかをより実感させられる

「なんで なんで俺じゃねぇんだよ
 俺もお前らと泳ぎてぇ
 お前らとリレー泳ぎてぇ」

"大好きなシーン"

[県大会での敗北]
勝ち負けなんかどうでもよかったはずの遥が凛ちゃんに負けて落ち込むシーン
「お前とはもう泳ぐことはねぇ」って言われた時の遥の悲しそうな顔は本当に印象的
心理描写がとにかく凄くて、ここのFreeは遥を縛っていたものからの解放という意味での自由やったけど、自由を得る為の凛ちゃんとの戦いに負けることで自由を得た喜びよりも負けたことへの絶望を感じてはるの水泳に対する考えを変えていく...

[最終回]
凛ちゃんの「なんで俺じゃねぇんだ」は大号泣
凛ちゃんが悪い奴じゃないことは最初から分かってて、でも仲間に対する行動や言動は気持ちの良いものではなくて、でも凛ちゃんが悩んで苦しんでる姿を観てたから
やっと正直になれたんだなって...
ただ4人が順番に泳ぐだけといえばそれまでやけどリレーを泳ぐまでの過程も観ているとそれぞれの想いを繋ぐリレーというものの素晴らしさを感じる
4人のメドレーからりんちゃんが抱きついて、4人が抱き合うシーンはもう号泣

凛ちゃんも遥も正直になって、
今までが正直になれなかった分、
自分がどうしたいかわかっていなかった分、
ラストの仲良さそうな5人に胸が熱くなって、5人の写真には最高に幸せにさせられた

「今度は俺が、
 見たこともない景色を見せてやる」


⚫︎For the Future

進路の悩みや仲間と水泳に対する葛藤、心の成長を交えて遥達3年生組の高校最後の夏を描いた2期

"岩鳶メンバー"

凛ちゃんの特訓で陰ながらの努力をする怜ちゃん、辛いこともあったけど親と真剣に向き合って大好きな水泳を大好きな仲間と泳ぐ渚、部長として皆んなを、親友として遥を支える真琴
相変わらず皆大好き

真琴の笑顔ってやっぱりすごく素敵
こんなに幸せになる笑顔って中々ない
いつも手を差し伸べてくれるところも素敵やし、「やっぱり水の中じゃ最強だね はるちゃん」をいう真琴が大好き
イルカのキーホルダーを譲ったり子供の頃から優しくて、はるちゃんの泳ぎが早いと言われたら自分のことのように喜ぶ遥想いの真琴とイルカのキーホルダーをずっと大切に持っている遥に胸が温かくなる
だからこそ遥の将来を心配する真琴の想いに、東京に行くって言われた時の遥の寂しそうな表情にとても共感した

「いいわけないだろ
 いいわけないからみんな言ってるんだ
 渚も怜も凛もおれも
 みんなはるが好きだから
 大事に思ってるから
 なんで分からないんだよ
 俺たちははるに夢を未来を
 ちゃんと見つめて欲しくて...」

ずっと悩んで苦しんでから遥が夢を見つけた時の嬉しさは大きなものになっていた
「俺も見つけた」の時の輝かしい笑顔は忘れない
世界一になるとかじゃなくて、ここで泳ぎたいっていうところがはるちゃんらしくて笑顔になっていた

"鮫塚メンバー"

「いっそ水泳なんてやめてやろうかと思ってた
 けど救われたんだ はるたちに 仲間達に
 あいつらと一緒に泳いだら
 観たことのない景色見せられて
 また泳ぎたいってそう思ったんだ
 だから今度は俺を救ってくれた仲間の為に
 そして俺自身の夢の為に」

孤独で戦って、苦しんでいた凛ちゃんがまた前を向いている姿、部長として立派に皆んなを引っ張っている姿、みんなと仲良くしてる姿が堪らなく嬉しい
リレーを大切にしているところもいいよね

「お前と泳ぐのに本気じゃねぇわけねぇだろ
 本気だからこそ、わかったフリなんか
 できねぇんだよ...」

3年生で転校してきた凛ちゃんの親友・宗介
最初は遥に対して特に威圧感があったけど一緒のスポーツやってる親友が突然他の子に惚れ込んで転校するって言われたら嬉しくないに決まってるし、それだけじゃなくて宗介の絶望と挫折を知ってからは誰よりも感情移入してしまうキャラクターになっていた

凛と水泳に対する想いに熱くなるし、
愛ちゃんのコーチングをしてあげたり、
鮫塚のメンバーがチームになっていくと共に鮫塚メンバーへの好きという気持ちも増していった

"大好きなシーン"

[渚の過去]
いつも元気で笑顔な渚の親から強制させられた勉強の日々に嫌気がさして岩鳶高校に入学した経緯を知って、渚の苦悩や弱さを見れてより大好きになった
渚の心を変える言葉を投げかけるのが怜ちゃんなのも本当に感動で、その後の親への説得に当たり前のように付き合う4人の仲間の絆に胸が熱くなった

[地方大会の棄権]
期待とプレッシャーに押し付けられるのが嫌やったんやろうなぁ...
遥は水泳を夢に将来にする覚悟がないのではなく、水泳を夢や将来にするために泳いでいたからこそとても共感させられた

「分かってないのはお前だ
 夢ってなんだ 将来ってなんだ
 それはお前のだろ お前とは違う
 おれにはそんなものはない」

[地方大会メドレーリレー]
「空っぽだった俺の心に希望が生まれた
 そいつはちっぽけだけど新しい夢
 俺もお前とまた泳ぎたいって夢
 あの時は気づくことが出来なかったんだ
 仲間と泳ぐことの大切さを
 俺は水泳をやめる けど最後に
 お前と本当の仲間になりたい
 凛、お前と」

オーストラリアで1人で戦っている凛のことを想って、懸命に努力して、結果もついてきて、
なのになんで...
なんでそんな結末を迎えてしまうの...
なんで宗介の夢が叶わないの...
そんな悔しい思いと「言ったらお前...泣いちまうだろ」のシーンでこの作品一番の大号泣

宗介の苦しい過去と空っぽになった心に...
宗介の夢と覚悟、凛ちゃんの涙に...
4人で泳ぎたいっていう想いの強さに...
こんなん泣くしかない

メドレーリレーを泳ぐシーンも涙が溢れた
宗介の泳ぐ姿に、互いのチームの仲間に向ける熱さに、仲間のために全力を出して泳ぐ姿に、そこには勝ち負けなど気にせず大きな感動と大好きという想いで溢れていた
最後の宗介の「やっと見つけた」もエグいよぉ

[最終話]
渚たち2年組が遥達と泳ぐ最後の大会を前にして号泣するシーンに自分も泣いた
4人の絆が眩しくて美しくて羨ましい...

「俺たちはリレーを繋いで泳いできた
 だから例え別々の道を進んでいくとしても
 俺たちはこれからもずっと繋がってるんだ
 俺たちに終わりなんてない」

-想いは、絆は、引き継がれていく-
最後の桜プールも最高で幸せに包まれた
特別EDもめっちゃ好き

「そして俺は見つけたんだ
 泳ぎたい あの世界で
 泳ぎ続けたい だからおれは
 タイムにも勝ち負けにもこだわっていく
 自分の夢の為に...」


⚫︎Dive to the Future

「小さな岩鳶の町で水が好きなだけだった
 フリーしか泳がなかった
 小学生の時、仲間と出会って
 リレーを泳ぐ楽しさを知った
 中学、高校で出会った仲間達と
 色々な経験をして今も東京で泳ぎ続けている
 ずいぶん遠くまできた気がする
 この先には何があるのか
 俺は...」

遥達の新生活の中で出会う旧友と新たな仲間やコーチ、そして世界選手権をかけた戦いを描いた3期

ますます絵の美しさに目を奪われる
高校時代の仲間や中学時代の旧友とのエピソードに心を動かされたし、遥や真琴の心境の変化が元気をくれた

"旧友との再会"

たまたま同じ大学だった旭との再会にほっこり
夏弥さんもかっこいいし、芹沢先輩との再会も嬉しい
そしてなにより郁也との再会

「強くならないといけない...
 そうでないと、僕が僕でなくなってしまう
 もっと強くならないと
 誰にも頼らず もっと...もっと...
 今はそれが唯一の答えだから」

郁也は辛かったんだろうな...
寂しかったんだろうな...
その悲しさや寂しさを思い出したくなくて
もうそんな想いはしたくないと思って
遥たちを避けていたのにも共感できる

"新たな出会い"

世界最強のアルベルトとの出会い
圧倒的な壁の前にこれまでずっと速かった遥が井の中の蛙だったという事実が重くのしかかって苦しくなった

郁也の親友・日和との出会い
最初は嫌われ役やったけどずっと裏に込もる想いの欠片を感じ取れて、嫌いになれなかった
人魚姫と自分を重ねる所はめっちゃ悲しい
郁也のことを本当に大切に思ってるんやね
郁也の苦しみを見てきたからこその行動やったんやね
郁也が日和にとってのヒーローやったんやね
一緒にフリーメドレーを泳ごうって言われたシーンは日和に感情移入して大好き

東コーチとの出会い
PKH東の東だということに驚いた
胡散臭さを感じてたけど、遥に対する期待には自分のことの様に嬉しくなって、遥のコーチについてくれた感謝の気持ちでいっぱい
東コーチの引退の経緯には胸が締め付けられた

"遥と真琴の成長"

遥が勝つ為に泳いでいる姿も熱くなる
アルベルトに絶望するんじゃなくて、
近づく為に努力する遥に、
真琴も子供に教えるトレーナーだけじゃなくて、
選手以外で自分にできる何かを探して、
選手のトレーナーを志す真琴に勇気を貰った

「俺 世界を目指す競泳選手の
 サポートにつきたいです
 はるだけじゃなくて、
 世界で戦う選手の助けになりたいんです」

"大切なシーン"

[郁也との個人メドレー]
フリーしか泳がないと言い続けてきた遥が
郁也と一緒に泳ぐために個人メドレーを泳ぐ
郁也の「ただいま」
遥の「忘れるわけないだろ」
めちゃめちゃ胸が熱くなったよ
流星群をバックに約束した「いつかフリーで勝負してよ」を覚えてたらそりゃ郁也は泣いちゃうよ
やっぱり人と人は関わり合わないと伝わらないし、遥たちは一緒に泳がないと伝わらないよね
最後のフリーリレーも激アツやん、最高

「純粋に強さと誇りの為に戦う夢だ」

夏弥さんが世界一を目指す夢
夏弥の夢と涙にも心動かされる
夕焼けでオレンジに染まる空の下で
中学戻った頃のように仲良く話す4人には涙

「本当は逆だったんだ
 1人で生きていく為に強くなるんじゃない
 誰かの為に強くならなきゃ意味がない
 それが本当の強さ、それを手に入れることが
 きっと本当のフリー」

[全国大会]
怜ちゃんと渚が個人で全国大会進出
2人の成長に感動したし怜ちゃんが全国大会で泳ぐ前に渚との回想シーンで泣きそうになった
遥か凛ちゃんもやっぱり応援に来るよね
皆んなの嬉しそうな表情に幸せになった

「僕ね...
 ここまでみんなと一緒に泳ぐことができて
 いっぱいいっぱい楽しい気持ちになれた
 大切な気持ち沢山感じることができた
 今日もね水の中でずっと心が踊ってたんだ
 僕やっぱり水泳が大好きだよ」

[全日本選手権]

「この絆があったから 今おれはここにいる
 これからもこの絆をずっと
 ずっと未来まで繋げていくんだ」

遥たち出場選手だけじゃなくて皆んなが応援に来ていることにすっごく嬉しくなった
今までとは次元の違う厳しさの中で行われる全日本選手権の中でまず桐嶋兄弟の戦いは胸熱だった
勝負は夏弥さんが郁也に僅かな差で負けたけど、「やっぱりお前は自慢の弟だ」で大感動
遥はフリー200mは落としちゃったけど更なる成長の予感しかしないし、その後の遥、真琴、凛ちゃんで海に飛び込むところは最高に青春で顔がにやにやしてしまった
ラストの終わり方も最高

「気分はどうだ? はる
 驚くほど落ち着いている
 へへっ 楽しみだ 
 この先に世界が待ってる 夢見たいだろ?
 でも夢じゃない
 あぁそうだ 手を伸ばせば届く所まできている
 こっからは何が起きるのか誰もわからねぇ
 確かめに行こう この先に何があるのか
 あぁ 飛び込もうぜ "未来"へ」

⚫︎楽曲

熱くてかっこいいOPも楽しくてかっこいいEDもこれ!と決められないぐらい全部が大好き
1期EDのクラブの透がかっこよすぎ
1期5話ED後の松岡兄弟の一枚画も最高やった
個人的に一番楽しかったのは3期ED
観ていてめっちゃ楽しくなったし、
はるのウィンクサービスにも感謝

⚫︎1期
OP : OLDCODEX『Rage on』
ED : STYLE FIVE『SPLASH FREE』
STYLE FIVE『EVER BLUE』
⚫︎2期
OP : OLDCODEX『Dried Up Youthful Fame』
ED : STYLE FIVE『FUTURE FISH』
岩鳶&鮫塚メンバー『Clear Blue Departure』
⚫︎3期
OP : OLDCODEX『Heading to Over』
ED : STYLE FIVE『GOLD EVOLUTION』
遥とメドレーメンバー『Blue Destination』
rin

rinの感想・評価

3.0
0
全員の過去と今が繋がるストーリー。

大学進学後に一気に人物が増えてきたのだけど、映画 ハイスピード を見るとより深くこの3期を見ることができる。

1人で戦えるように強くなった郁弥..
わかるよぉおお!ってなった。
劇場版のために復習。群像劇っぽさが増して今までで一番感情移入してしまった。キャラクター覚えるの大変…。
きよ

きよの感想・評価

3.7
0
んーースポーツアニメランキング上位だったけど、私にはそこまで刺さらなかったな〜

完結してないのか
続きが出たら見るかな〜くらいだった
tskks

tskksの感想・評価

3.2
0
そんなに勝負勝負言う選手って少ないよね実際は。水泳経験者にとっては「そうはならんやろ」って思う部分も多かったと思うけど、全体通して面白かった。
物語 : 3.0
作画 : 4.5
声優 : 3.5
音楽 : 3.0
キャラ : 3.5
東坡肉

東坡肉の感想・評価

-
0
馬鹿フィルター掛かってて3期で漸く気付いたんですけど、友達間で執着し過ぎとらんか、固執パラダイスじゃん仲良くしようぜ、1度は拗らせんと気が済まんのか、、、
まあ、遥と遥の家で鯖を食いたいです、それはそう^^
何回みても面白い、カプ厨からしたら神アニメです
映画も見返さなきゃ

あなたにおすすめの記事