洋画好きのえび

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないの洋画好きのえびのレビュー・感想・評価

5.0
昨日に引き続きシーズン3のレビューをば。

本作は原作第4部「ダイヤモンドは砕けない」をアニメ化したものです。第3部までは、ジョースター一族が様々な敵を追ったり追われたり、というテイストで、予め敵の名前や概要(1部と3部ならディオ/DIO、2部なら柱の男達)が判明していますが、この4部は敵の正体が物語中盤までわかりません。というか、物語中盤まで敵が居るのかどうかすらわからないのです。
この4部は日本の杜王町という小さな町が舞台となっており、15年近く一切犯行を気づかれることなく潜み続けている連続殺人犯を、主人公でありジョースター家の血を引く高校生東方仗助が仲間たちとともに追い詰めて行くという物語です。非常にミステリー要素の強い作品となっており、コアなミステリー映画&ホラー映画ファンである荒木飛呂彦先生の知識やテクニックが遺憾無く発揮されています。単純にミステリーものとしても面白いですし、下手なミステリー映画よりもよく出来ていると思います。荒木先生は映画に関する本も出されているので、ご興味あれば読んでみては如何でしょうか。

私は第3部「スターダストクルセイダース」の次にこの第4部が好きなのですが、今までのジョジョシリーズと違って日本が舞台であること、高校生達の日常生活が描かれていることで、非常にキャラクターたちに親しみやすさを持てることがその理由だと思っています。1部〜3部の登場人物たちは戦闘力が高くめちゃくちゃカッコいいキャラクターなのですが、やっぱりこんなやつ現実にはなかなかいないよ、という感想を抱いてしまいがちです。一方、第4部のキャラクターたちは性格もこすいやつだったりおバカだったりして、一般人に近い感じがします。その分、キャラクターたちへの愛が深くなるんですよね。私は第4部だと主人公仗助の親友の虹村億泰が大好きです。まさに愛すべきバカ。億泰を演じる高木渉さんの演技が素晴らしすぎて、ジョジョラー達の間でも「ただの本人」と評される素晴らしさです。

そして、本シーズンのOPとEDですが、前シーズンまでと同様に、OPはオリジナル楽曲の「Crazy Noisy Bizzarre Town」、「Chase」、「Great Days」の3曲、EDは洋楽で、Savage Gardenの「I want you」です。OPは歌詞がストーリーにリンクしているのは勿論、ストーリーが進むにつれて映像も変わって行くので映像の変化を見るのも面白いです。EDはポップでおしゃれな映像が楽曲にマッチして見ていて楽しいですね。

全体的にアニメーションの色味もキャラクターのファッションもポップで見ていて楽しいシーズンなので、ジョジョにしてはかなり入りやすい部ではないでしょうか。何度でも見たくなる良作です。