おときち

進撃の巨人 第1期のおときちのレビュー・感想・評価

進撃の巨人 第1期(2013年製作のアニメ)
3.9
2013年に放送だったシーズン1。
話題になっていたのは知っていたが、なんとなく観る気になれず(祭りに参加できず)。
その年の紅白歌合戦にLinked Horizonが出演し、「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルver.]」を歌っているのも見たのだが、そのことでさらに興味を失い、そのまま2021年に。

2021年で連載終了、単行本も完結ということで話題になっていたのもあるし、「なんだよ、石川由依が出てたのかよ!」と『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』以降の私に刺さったためシーズン1からファイナルシーズン・パート1までを全て鑑賞。パート2も楽しみだ。


何も知らずに視聴開始した、シーズン1。
なんだ、巨人の正体ってそうなんだ。がっかりでもないけど、びっくりもせず。でも謎も深まるし、面白かった。

最初は登場人物も多く、名前を覚えるのが大変だった。
壁の名前とか地区名とかで、ちょっと追いついていけない時もあった。
後に原作コミックも買って読んでみたのだが、漫画だと今度はキャラの見分けが付きにくく(私だけかもしれませんが)。でも話は理解しやすくなったので良かった。コミックスも半分ぐらいまでしか買っていないけど、せっかくなので最終巻まで読んでみようかな。


映像も綺麗だし、スピード感もあってすごいなぁと。
ミカサはかわいいんだか、かわいくないんだか、時と場合によるんだけど、ローの石川由依が急にギア上げる時が好き。

サシャ・ブラウスが好き。最初に名前と顔を覚えたのもサシャだったよ…。