1000万レビュー突破!
ファンが集う映画レビューアプリ

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

4.6

自分にも何か出来そうだという勇気が湧く

同性愛のラブロマンスというような2人の世界にこもった話ではなく、本当に愛している人の為を思って自分の信念を貫く、また大勢...

>>続きを読む

4.5

どんどん引き込まれて、応援している気分に

最初はどんな映画かなと思ってみていましたが、どんどん引き込まれて、応援している気分になりました。良い映画でした。

4.5

ふたりの女優が素晴らし過ぎて(T_T)

祝・試写会当選ヾ(*´∀`*)ノ 地下鉄慣れてなくておのぽりさん状態で東銀座・松竹試写室へ。ジュリアン・ムーアとエレン・...

>>続きを読む

4.5

ハンカチを忘れた事を後悔しました。

今日ハンカチを忘れた事を後悔しました。泣き過ぎたので顔伏せて直帰です。 予告で分かる通り、超重量級の感涙ストーリーです。...

>>続きを読む

4.5

感動しすぎ、涙を押しこらえた

試写会にて 純粋に感動したし、見てよかった。 今まで見た、感動映画とはちょっと違った視点で見れて、それもまた良かった!感...

>>続きを読む

4.2

平等な権利が欲しいだけなのに。

試写会で鑑賞致しました。 ありがとうございます。勝手な思い込みでしたが、アメリカってもっと 同性愛に対して寛容な国なのか...

>>続きを読む

4.0

お互いを思いやる姿に震えました。

人を動かすのは、揺るぎない信念なんだと感じました。ジュリアンムーアとエレンペイジのお互いを思いやる姿に震えました。

4.0

もっと広まって欲しい。

テーマの割に軽すぎず重過ぎず描かれていたことは、元にあったドキュメンタリーを意識しているのかなとは感じつつ、観客にとって...

>>続きを読む

4.0

頑張ろう。そう思えた映画でした。

正義のために、生き続ける。 それって、すごい難しいことだと思うんだよね。一人の勇気が、一人への愛が、世界を変える。 立ち...

>>続きを読む

3.9

自分が正しいと思う道を貫く勇気、持ちたいです。

試写会で鑑賞しました。序盤から話の展開が早くて感情移入できないかなと一瞬不安を感じたものの、キャストの演技力が自然で素晴...

>>続きを読む

3.9

胸が締め付けられました。

抑え気味のエレン・ペイジの演技がとても良かったです。 自分の内側にある感情が抑えきれなくなった時の表情などに胸が締め付け...

>>続きを読む

3.9

愛に溢れる話に泣けちゃいました。

試写会にて。 予想以上に重いテーマで愛に溢れる話に泣けちゃいました。最初、うわ濃厚レズでついてけないかも、、、って思いま...

>>続きを読む

3.9

最近のジュリアン・ムーアはすごい。

最近のジュリアン・ムーアはすごい。彼女の演技に圧倒される。同性カップルが、パートナー婚では支払われない配偶者への遺族年金...

>>続きを読む

3.8

希望を持たせてくれる作品でした。

試写会にて鑑賞させて頂きました。一般的な概念・そこから定められたルールは、時として受けるべき権利を奪い、心のままに生きた...

>>続きを読む

3.8

涙腺崩壊しました。

試写会にて鑑賞。涙腺崩壊しました。実話であることくらいしか情報を入れていなかったので、ここまで重いテーマだとは想像してま...

>>続きを読む

3.8

涙が止まりませんでした。

試写会にて鑑賞。実話に基づくストーリーで、主人公の2人の女性が恋に落ちる過程があっさりすぎて前半は淡々と進みすぎた印象。...

>>続きを読む

3.8

素直に作品を受け止められた

同性愛とか関係なく、愛する人と一緒に生きたい、守りたいという、誰もが願う純粋な気持ちに魅せられて、気がついたら涙が溢れて...

>>続きを読む

3.6

最後は愛

あらすじを読んでいて予期していたが、ストーリーの後半、涙が止まらなかった。結局、色々テーマはあるが、最後は愛の話であるこ...

>>続きを読む

3.5

爽やかな後味の作品

難しい問題を深刻になりすぎずに描き、演技派の出演者たちの控え目な演技が胸に染みる爽やかな後味の作品。

3.5

想像以上に温かさに溢れた作品

後半は涙が止まらなかった。レズビアンの気持ちがわからないので知りたいと思っていたが、今まで想像していたような特別なもので...

>>続きを読む

3.5

一緒に腹が立って立ち上がりたくなる

「ハンズ・オブ・ラブ」例のごとく、邦題からはちっとも内容伝わらないけれど、レズビアンの悲恋物と思って観るなかれ、市民が平...

>>続きを読む

3.5

…泣ける

スティーブ・カレルが目立ち過ぎ 笑 you have the power!!ラストのエレンペイジのスピーチのシーン、ダン...

>>続きを読む

3.5

ちょうどよく沁みわたる

ヴィジュアル的には母娘みたいだし、「キャロル」のように麗しいカップルというわけでもないですが、ふたりではしゃいでるシーン...

>>続きを読む

3.4

愛はみんなの中に

実話に基づく物語。だからかどんどんお話が進んでいって、あっという間にガンが見つかって...だけどこのお話はそんなことが言...

>>続きを読む

3.3

ガン=生きれない ってのも思い込み

試写会にて。人間って「多数派が正しい」とか、 「同性愛はおかしい」とか、根拠もない勝手な思い込みだらけで凝り固まってるよ...

>>続きを読む

3.0

人と向き合うことが大切

考えや価値観は人それぞれで、私は自分の考え、価値観と違うものを持ってる人を否定はしないし、その考えを受け入れるようにして...

>>続きを読む

レビューをもっと見る

『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』 information

『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』 (2016年製作の映画)

上映日:2016年11月26日
製作国:アメリカ

3.8

あらすじ:20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

〈2016年11月26日(土)より、新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他全国順次ロードショー〉

Filmarksはスマートフォンでも楽しめます!

iPhone、Android、Kindleでも!
3つのアプリストアでダウンロードできます♪