maco

女子的生活のmacoのネタバレレビュー・内容・結末

女子的生活(2018年製作のドラマ)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと漫画っぽいっていうか、ご都合主義な展開も取ってつけたような表現も多かったんだけど、そのおかげで、重くなりがちなテーマをポップに描けていた。キャラクターも良く役者は好演だった。
志尊君演じるみきが美しくて可愛くてかっこよくて、でもちょっと切なくて。人間味があって大好き。
後藤のキャラクターもよかったなあ。町田君のルックスで「これ以上ないってくらい普通」はないだろ、って思ってしまったが、滲み出るダメ男感とズレた正義感がいい味出してた。個人的に、ミッキーさんに向かってみきがパーカーのファスナーおろしかけた時、「女子がすることじゃないだろ」って言ったのがすごく胸を打たれて泣きそうになった。
最後のイルミネーションのシーンもよかったなあ。男と女なのに絶対に恋にはならない二人だけど、これからもきっとなんだかんだゆるーく一緒に生きていくのでしょう。恋じゃないのにすごくロマンチックだと感じてしまった。恋人じゃなくていいから、自分にも後藤みたいなひとがいてくれたらいいのに。