鈴峯らんか

BG~身辺警護人~新章の鈴峯らんかのレビュー・感想・評価

BG~身辺警護人~新章(2020年製作のドラマ)
3.0
ストーリーにはほぼ満足。話数こそ少ないが警護対象者の大事にしているものを護り抜くという一本筋が通っており見やすい。第二シーズンから見始めた私でも人間関係がきちんと把握できたし、レギュラーもゲストも豪華。
ただ、木村拓哉のドラマって、理想を超えたかっこよさを見るものだと思ってた。そこに関しては正直不満が残る。
島崎章はキムタクが演じるにはあまりにも普通の男。もちろん、身を挺して依頼人を護る姿や暴漢との格闘シーンはカッコいい。だがそれはあくまで物語の設定上必要なカッコよさ。
そんなこと言っちゃう?そんなポーズ決めちゃう?そこでキスしちゃう?と思わせるような「不必要なカッコよさ」がないのだ。
HEROやCHANGE、グランメゾン東京ではこれでもかと性的魅力を振りまいていたのに、普通の男も演じられるんだ…と感心した、が、やはり物足りない。主人公はもっとカッコよくていいのに!思春期の子供や相棒になった高梨(斎藤工)に適当にあしらわれるような情けない姿を見られるのも、親しみを感じていいのかもしれないけど…。
それでもキムタクには「こんなカッコいいやついてたまるかよ!」って気持ちをぐうの音も出ないほどの表現力で演じ切ってほしかった。