にゃん

BG~身辺警護人~のにゃんのネタバレレビュー・内容・結末

BG~身辺警護人~(2018年製作のドラマ)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

村田課長かっこいい。

《内容》
サッカー選手のBGだった島崎(木村拓哉)の過去。空港でネジが外れて落ちてきた鉄骨に目の前の子供を救ったことで選手に怪我をさせ選手生命を絶たれたことで島崎を恨む回もあり。
レストランでの襲撃事件で村田課長(上川隆也)が島崎(木村拓哉)を庇う形で大腿を撃たれ死亡。しかし村田課長の死の真相は世間には勝手にしゃしゃり出た民間人が撃たれたのだと報道される。村田課長の汚名を返上すべく動き出すBG。村田課長のPCを覗き、ボイスレコーダーでいつも録音していることに気づく高梨(斎藤工)。しかし帰ってきた遺留品にはボイスレコーダーはなく、警察に変換を求めると、あの事件の日の音声が消された状態で返却された。このままでは終われない。何度もBGに助けられた立原先生(石田ゆり子)があの日現場にいた人ということで証言に協力してくれることに。
会場に着いたところで警察SPとバトルをするが、ついには落合が組織を裏切り島崎側についてくれたことで会場で問題の消されたところの音声を流し、村田課長の汚名返上に成功することとなる。