mako

悲熊のmakoのレビュー・感想・評価

悲熊(2020年製作のドラマ)
3.7
一生懸命頑張ってる心優しい小熊のアンラッキーな物語。
鮭をとる仕事をしているが上手くできず川に流され労災保険がどんぐりだったり、お金を貯めて鮭バーガー(鮭フライ入り)を買いに行き注文したのに注文が通ってなくて4時間も待ってたり。
それを見かけた女子大生(黒島結菜)が助けてくれて、お知り合いに。

小熊は着ぐるみで重岡大毅が演じてました。チープな感じだけど面白かったです。
一話5分で全10話。
興味がある方は、本日9日17時5分から1話〜5話までNHKで放送されます。
サクッと観れますよ😊
ほんわかしてました♪