JIN

ミヤコが京都にやって来た!のJINのレビュー・感想・評価

ミヤコが京都にやって来た!(2021年製作のドラマ)
3.8
(初回)
京都が舞台なので、京都人の自分としては毎回どんな所が出てくるのか楽しみ。
初回は出町柳だったので、出町座も看板だけチラッと出てた。
佐々木蔵之介と藤野涼子演じるぎこちない父娘関係の同居生活がこれからどうなっていくのかにも注目したい。

(最終回)
佐々木蔵之介演じる父親の関西弁は当たりが柔らかくて良かった。
父娘の会話を聞いててもホッとする安心感があった。
京都はどこを切っても画になるのでまた色々行ってみたくなったなあ。
早くコロナ禍が収束してほしい。
また続編を作ってくれそうな終わり。

知る人ぞ知るあだち理絵子さんも何回かちょこっと出演してたね。