マクガフィン

賭ケグルイのマクガフィンのレビュー・感想・評価

賭ケグルイ(2018年製作のドラマ)
3.4
徹底的なギャンブルによる弱肉強食の学園を舞台に、敗者は人間としての尊厳や人間性までを否定されるディストピア世界の設定に興味津々に。実写映画化されることもあり、再放送で一気に鑑賞。原作未読。

人間の表裏がディストピアとユートピアの裏返しのメタ的姿なことが印象的で、ギャンブルとのマッチさが良い。美しさと狂気の紙一重さにコミカルを交えたテイストが絶妙に。マンガ実写化を理解している監督の演出にブレが無く、感情豊かで個性溢れる狂気的な役柄の役者達の演技力と役者の配置に感心する。

浜辺美波の演技力の安定感と松田るかの天真爛漫さが印象的で、森川葵の変顔も健闘。高杉真宙の演技はやや大仰で、もう少し普段の時は抑えてほしい。GL的な匂いがチラつく展開になるにつれて、立ち位置が少しずつブレることに。

ギャンブルは八百長ばかりなことや、Season2があるので、Season1は中途半端で纏まりに欠けることが残念。トータルすると先にドラマを見た影響もあると思うが、アニメより面白い。ハイテンション&パワーで突き抜けるので、観ていて気軽に楽しめるのは、ドラマならではに。舞台が学園内でのワンシチュエーションや、大人が一切出てこない独特な世界観も好感。