daiyuuki

西郷どんのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

西郷どん(2018年製作のドラマ)
4.7
西郷吉之助(隆盛)(鈴木亮平)は、薩摩の貧しい下級武士の家に育った。家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。 
西郷家はますます貧乏になり、家族はあきれかえるが、吉之助は空腹を笑い飛ばす。 
そんな愚直な吉之助に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、吉之助も心酔する。 ひとつ確かなのは、この男、女にも男にもめっぽうモテたということ。 
そして、もうひとつ確かなのは、この男がいなかったら新しい日本は生まれなかったということ。 人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し…“見返りを求めない愛"を与え続けた男。人は皆、深い敬愛の念と親しみを込めて彼のことをこう呼んだ。『西郷(せご)どん! 』 
心も大きいけど、体も大きい西郷隆盛が、民を富ませ国を強くする日本を作るために奮闘するストーリーを、西郷と大久保の友情と決別、西郷と様々な女性との愛などを絡めて描かれている。鈴木亮平の体型を少しずつ変化させて西郷の変化と成長をしっかり演じる作り込んだ演技、大久保の西郷との友情やライバル意識などまで演じた瑛太、二階堂ふみや黒木華など西郷を愛したヒロイン、明治政府での西郷の功績など知られていない西郷隆盛を描いていて、新しい西郷隆盛のドラマ。