ミミック

大豆田とわ子と三人の元夫のミミックのレビュー・感想・評価

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)
-
2021.4.21
まだ二話だけど言わずにはいられない、最高だ。

設定はユートピアなのに詳細な人物設定、タイトルバックのお洒落さ。

90年代のトレンディドラマを夢中でみていた感覚を思い出す最先端の坂元裕二から目が離せない。

──────────────────
2021.5.19
第6話。

折り返し的第1章の完結としての切れ味がとんでもなかった。大豆田とわ子の不在、元夫達の新たな女性達との結末。そして意外な展開。普通一人につき一話ずつ消費しても良いエピソードを一話にまとめるシナリオ構成がエグい、そして笑える。哀しみも努めて明るく。登場人物は次に向かう。

------------------
2021.06.11

あと最終回を残すのみだが、限りなく最終回みたいに綺麗にまとまった第9話。あり得たかもしれない未来を想像する豊かさ。他はそれぞれいつもの松田龍平だったり東京03の角ちゃんなのに岡田将生はしんしんと呼びたくなるほどのはまりっぷりに驚く。毎回変わるエンディングもあと一回か寂しいな。

------------------
2021.06.16

リアルタイムでは見られなかったけど久しぶりに火曜9時のタイミングで見てそのあと余韻に浸りたい作品だった。どこか欠けたり足りなかったりする大人たちが、日々過ごす生活からふと気付いたり気付かされたり補い合ったりしてそれぞれの存在を認め肯定する。今回も素敵な言葉が宝石のように散りばめられててキラキラした。あと坂元裕二作品には必ずと言って良いほど手紙が出てくる、アイテムとして強い効果を生むと信じてるんだろうな。