斬切りバーニー

大豆田とわ子と三人の元夫の斬切りバーニーのレビュー・感想・評価

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)
4.0
ぜんっぜん見る気はなかったんだけど、前番組からの流れでテレビを付けっぱなしにしていたら、伊藤沙莉の変なナレーションが始まり、開始数秒で靴の中の小石を歩きながら、どうにか取ろうとする松たか子に、私の全てを持っていかれてしまった。

そのワンシーンに、「ああ……これ完全にハマるやつだ」と直感と悟りを同時に解し、最終回に至るまで心ゆくまで楽しませて頂きました。ありがとうございます! ありがとうございます!!(二度言う)

タイトルからも分かる通り、バツ3・子持ちの大豆田とわ子が、未練たらたらな元夫三人に押しかけられ、時に支えられーー……といった日常を描いているのだが、その説明だけだと「大豆田とわ子、どんな女だよ」と、そのモテモテぶりに興味をそそられるであろう?(ニヤニヤ)男を三人も虜にして、どんな絶世の美女だい。みたいな。

大豆田とわ子は、いたって普通の女である。建築会社の社長をしていてお金はあるけど、部下や経営に悩む姿は、私達となんら変わらない、どこにでもいる普通の女だ。

ただ私が思うに、とわ子の最大の魅力は、その度量の大きさにある。そして、それは優しさとは異なることを念頭に置いて欲しい。

とあるコラムで三人の元夫は良識ある人間だと書かれていたけど、私に言わせれば、なんのその! 癖がありすぎて、ちゃんちゃらおかしい。そこが人間味あふれ可愛らしく、このドラマを楽しくさせていることは認めるが、現実に付き合うとなると敬遠したくなる人種だろう。

だから、元夫達の恋愛パートにおいて語られる「大豆田とわ子に甘えていた」は、このドラマの核心であり、真実なのだ。元夫達の難点を理解し、受け入れる度量の大きさ。これは単に優しいだけとは一線を画し、元夫達がとわ子を諦めきれない理由なんだと思う。

とここまで、いかに大豆田とわ子が魅力的な人物かを書き連ねたが、まだまだ言い尽くせないことが山程ある。さらに言えば、結婚の意味とか女性の生き方とかを鋭く切り込む! ……なんかじゃなく、日常の隙間にほのぼのと問いかける不思議なドラマだった。

まあ集約すると、「大豆田とわ子は、最高だってことだよ!」(by八作)