ソロ活女子のススメのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「ソロ活女子のススメ」に投稿された感想・評価

おもろい。
孤独のグルメに似てる。
職場の人との掛け合いがおもしろい。

昔からソロを好んだわけで無くソロ活に行き着いた道のりがあってのソロに共感した。
でも行くとこによってはカップルばっかでハードな場所もあってレベル上げないと無理だと思った。

結論他人は自分のことなど気にしていないのだ。
テレ東得意のご紹介系ドラマ。

女子1人でもできるちょっとした背伸びアクティビティのご紹介も、
嫌いではないが江口のりこという攻めキャスティングが常に鼻につく…。
飯豊まりえあたりのフレッシュ系じゃないとかなり重たく見えた。
yarn

yarnの感想・評価

3.7
0
江口のりこのため鑑賞。

原作があってのドラマ化。
原作未読。

自分がやるとしたら難しいソロ活も
あったけど、ひとりで江口さんが
幸せそうにしてるのを観るだけで
たのしいドラマだった。

わたしは前衛的な、ポジティブなソロ活は
できてなかったなと気付かされた。
単純に1人で行く。っていう感覚だった。
このドラマみたいに、目的に対して
楽しみに行こうという姿勢をもって
1人で、遊びに行きたいと思った。
YaMa

YaMaの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます


1話−1
「一人で焼肉なんて変な人だろうかと思われないだろうか?なんて気にしているのは自分だけ。他人というものはよくも悪くも意外と人に対して無関心だ。」
「自分の世界は自分が思っているより狭い。」
「ソロ活では自分の欲望に忠実になれる。“今、この瞬間”これを食べたいという心の叫びを叶える事ができるのだ。」
「みんなで焼肉はこの場の雰囲気のそこで起きたこと、誰かの言葉が記憶に残る、いわばコミュニケーションにお金をかけているのだ。しかし、今私はこの肉にお金をかけている。この肉が明日の私の源となる。」

1話ー2
「みんなで食べると美味しいね!というけど別にみんなと食べなくても美味しいものは美味しい。一人で食べたって美味しくないよ。ともいうけど、一人で食べても美味しいものは美味しい、不味いものは不味い。ある意味、みんなで食べると美味しいねも、ひとりで食べたって美味しくないよ。も好きな生き方を制限する呪いの言葉だ。


2話ー2 ラブホテル
「今日はソロ活の本質がよく分かった。一人でカップルがたくさんいるような場所に行くのは恥ずかしい。でもその行きづらい気持ち、恥ずかしい気持ちは自分が勝手に想像している他人のリアクションによるものだ。で、現実は客が女一人だろうと客は客として平等に扱われ、他の客はわたしに特別な関心を持たない。要するに自分の生き方を狭め自由を制限しているのは他人じゃない。他人のせいにしている自分自身だ。」
「自分の心の中に自分が作っている壁を」






4話
「配線剥き出しのロボットみたいで良いですよね」
「配線剥き出しのロボット。正解。ある意味配線剥き出しのロボット。あの工場の建物って無駄を全部削ぎ落としてあの形になっているんですって。あの階段のひとつひとつ、配線一本一本、どれも必要なものが必要な場所にあるんです。それで、1番必要のないものを作らなかったらあのカタチになったんですって。」
「一番必要のないもの?」
「なんだと思います?」
「なんだろう?」
「カバー」
「カバー?囲いってことですか?」
「そう、だから剥き出し。(省略)その剥き出しのカタチが綺麗だってこうして見にくる人がいる。ひょっとしたら“人”もそうなのかなって。」
「人?」
「人って他人の目を気にしたり、普通とか常識とか言葉に縛られて、カッコつけたり、強がったり、思ってもいないこと言ったりして、自分をカバーするじゃないですか。」
「そうかもしれないですね。」
「でも本当はそんなもの必要なくてカバーがない方が素敵なんじゃないかな。。なんてね。思ったりするんですよ。」

7話ー1
「誰も見てないよ。自分が思うほど、他人は自分のこと気にしてない。」
「最近、外食した店でとなりに座っていた人のこと覚えてる?」
「いや、覚えてないですね」
「それぐらい気にしていない。でも見られていたとして一人で飲んだり食べたりするのは恥ずかしいかな。好きなお店で自分が好きなものを飲んで食べることが恥ずかしい?」
「リスペクト。今日勇気を出してこの店に来たんでしょ?だからリスペクト」

8話
「絶叫系マシン怖がる人って要は、確率的に0.000000000001%にもみたないような最悪のシナリオが頭の中で思い描いているってことですよね。例えば、これこのまま事故起きて死んじゃうんじゃないかとか、あとコースターから自分がびよんて飛び出ちゃうんじゃないかとか、でもそれって確率的に事故に遭う方が確率高くないですか?でも人って日曜日の天気の良い日に散歩していて車怖がるなんてないんですよね。」
みきちゃ

みきちゃの感想・評価

4.0
0
テレビ東京 ドラマ25枠
主題歌:「Genius」by Sano Ibuki
https://youtu.be/Ar33iJ2XARk
挿入歌:「Walking Through My Dream」by Liz Fohl
https://youtu.be/w-8E5f-fBac

"ソロ活とは、自分を知る行為であり、自分を癒す行為でもあり、苦手な事と歩み寄れる行為である" とのこと。

「ソロ活」というワードがピンとこなさすぎてフーーンてかんじで1話味見したら思ったのと違う方向性で結局毎週の楽しみになった。日本文化や国民性の説明資料としてもひじょーに優秀なので他国の方々にもぜひ見ていただきたい。実在するお店やサービスが舞台なので、情報番組の「さあ、つぎはこちら!どうですかーー♪」というノリ無しで各分野の最先端を覗き見れて素敵だった。

知れて良かった施設、サービス、場所
リムジン:こんなんあるの!
水族館:都会的な洗練された水族館。行きたい。
プラネタリウム:だいぶ進化してる!すごい!
ソロ・ラブホ:めっちゃくつろげるやん
ソロ・フレンチフルコース:ソロで行けるの知らんかった。
せんべろ:あんま飲まないので新鮮。良い文化。
暗闇フィットネス:これやりたいー!!
完全個室サウナ:日本初ですって。今後流行りそう。

江口のりこさんをまた好きになった。心の声がうまい具合で、特に興味がないイベントの回でも彼女に寄り添って一緒に体験してるような勘違いさせてくれた。

ソロ遊園地の回の津田さんがめちゃよかった。津田さん好き。

どんな小さいなことでもいい、新しいことに、初めてのことに挑戦してこ!っていう前向きな姿勢。そうして苦手なことや嫌いな自分と向き合って、経験を積んで、自然に考え方が変わっていく。押し付けがなくてよかった。良いドラマ。
はぐみ

はぐみの感想・評価

4.5
0
好きです!!最近では一人焼肉専門店とかも出来たし、映画館に行っても一人で見に来てる人多くてちょっと嬉しくなっちゃう。

感想を共有出来ないのは寂しかったりする場合もあるけど、特別好きなものは一人で噛み締めて邪魔されたくない派なので趣味嗜好に合ってたのか心地よかったな〜!!!

誰かと一緒じゃないと遊べないんです!!っていうのは相手を探せた時にしか機会がふってこないから案外自分の世界を狭めてるんじゃないかな〜、ソロ活っていつでも自分の好きな時に世界を広げる経験が出来るんだから最強じゃんってソロ活を肯定出来ました、嬉しい!!

○○女子っていうのが陳腐な響きに聞こえて、そんなありがちな言葉タイトルにしなくて良かったんじゃないかな〜、とは思いますが内容が好きだったので良し!!他県バージョンも見たい!!
ぐーたら

ぐーたらの感想・評価

3.7
0
江口のりこが主演で良かったなと思うドラマ。
ただ、映像加工の仕方が独特すぎてたまに集中できなかったのが残念。
内容は毎話面白かったので、ぜひシーズン2に期待したい。
なつき

なつきの感想・評価

3.5
0
自分のために時間を使うことに
昔からずっと抵抗があったけど
1人の時間も悪くないなって
前向きになれたドラマ

自分を知り、癒し、苦手に歩み寄る
ソロ活は素敵な時間
こういうドラマ好きです。

シリーズでやってほしいなぁ、わたしも色んなことを挑戦してみたくなった、誰のためでもなく、自分がやってみたくて楽しいところが大切って気づく🙆
なおきち

なおきちの感想・評価

2.6
0
かなり前に見終わっていたが、最終回だと気付かず記入漏れ。
じっくり観るドラマじゃないけど、サラーっと観ていて飽きない。

あなたにおすすめの記事