SPECサーガ完結編 SICK'S 恕乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「SPECサーガ完結編 SICK'S 恕乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜」に投稿された感想・評価

とってもつらい
と

との感想・評価

3.3
0
趣味が散りばめられてるの好き
りるり

りるりの感想・評価

3.5
0
記録
み

みの感想・評価

-
0
記録
manaymsht

manaymshtの感想・評価

3.1
0
SPECファンには不評らしいけど最後まで観なきゃわからないので。
今回もよく食べている。良い。餃子じゃなくてたい焼きなのね、包むのが好きなのね。
話は国の抗争の部分が大きい。持つ者持たざる者の戦いより人間同士。
権力的な情報が多すぎてまだ咀嚼できないから続き観よう。

太陽に吠えろを知らないけど調べたら柴田純って松田優作の役名だったんだなぁ。
続きも見る。ケイゾクも観ようと思った。
いっぱい名前が出てくるの嬉しい。
こたつむり

こたつむりの感想・評価

3.5
0
★ 空の果てに辿り着いた 銀色の味
  もう一度やり直せる そんな希望

堤幸彦監督は天才だと思います。
それはメイキング映像を見れば明瞭。まるで魔法のような“特殊な演出”は凡人では計り知れない領域ですからね。監督さんには何が視えているのでしょうか。

そして、その鋭敏なセンスは周囲にも影響を及ぼします。特に最近のコメディ映画からは顕著に感じる次第。個人的には肩が下がるんですけどね…これは堤幸彦監督だから面白いのであって、役者さんに頼り切った演出とは次元が違うのです。福(以下略

だからねえ。本作の演出もねえ。
真似されるんじゃないかと考えてしまうと…微妙なんですよねえ。

特にテロップを多用した演出はマンガ的表現と言うよりも、バラエティ番組を観ているかのよう。しかも、最初は抵抗を感じていたのに、次第に慣れてしまう自分が嫌な感じ。あー。ユルいわあ。

あと、ドラマは立ち上がりが難しい分野。
しかも、本作は『ケイゾク』と『SPEC』を下敷きにしていますからね。どうしても“焼き直し”感を抱くと視点が偏ってしまうのです。

餃子がタイヤキになっただけ、とか。
習字の代わりに料理を作るのか、とか。
前作と比較するのは誰にも益がない話。

ゆえに大切なのは見守る気持ち。
最初は四球を連発しますが、肩が温まればバンバンと三振を取るかもしれない…そう考えて臨んだ方が良いのでしょう。

そして、そう考えて臨んだ第三話。
なるほど。これは面白くなってきましたよ。やはり、世の中に同じ人間が存在しないように、彼らには彼らである“意味”があるのですね。ただ、惜しむべくは木村文乃さんの魅力が完全に引き出せていないこと。正直なところ、メイキング映像のほうが素敵に見えてしまったのは…これは次章に持ち越した課題ですかね。

まあ、そんなわけで。
コミカルな筆致と前作までの印象で先入観に左右される作品。思うに『ケイゾク』や『SPEC』が好きな人に向けたファンサービスと捉えたほうが良いのでしょう。それはそれでアリだと思います。地上波じゃないし。
rovin

rovinの感想・評価

3.6
0

このレビューはネタバレを含みます

こちらのスペックシリーズは、良い意味で斜め上に突き抜けている🤭
「ピー」や「モザイク」多用の
それ大丈夫?なコメディ強めの作品。
松田翔太の演技が面白くて最高です👍️
シーズン2まで観ました。
テーマソングめっちゃカッコいい。笑
黒島結菜って声かわいいよね。

ジョ、ハ、キュウってなんかどっかで聞いたことある並びだよね。
前世の記憶かな。
橘

橘の感想・評価

3.5
0
SPECサーガ最終章なんだけど、いまいちまだ乗れてない。
御厨・高座バディにハマれずです。でも「ちょんてろ!」はかわいい。使っててもバレないだろうし使いたい。

柴田警視総監はアガる。
近藤さんだけがまともにケイゾクからずっといるな…すごい。

御厨のスペックホルダーの方、あまり強そうに思えないんだけどこれからなんかな。
黒ニノマエイトと白ニノマエイトは違うのかな?ニノマエジュウイチよりスペックは強い気がする、時間を止めた上で巻き戻すし。

覇と厩も観ます。
山本

山本の感想・評価

-
0
記録
>|