ゆきのせ

ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士ですのゆきのせのレビュー・感想・評価

3.9
いや、めちゃくちゃ良かった。
静かで穏やかなクラシックのBGMも良い。
唯一気になったのは叔父が闇賭博の格闘技の選手で、なかなかその世界から足を洗えないという設定。マダムとか、闘技場とかチープさが漂う設定になってしまっているのでそこだけ惜しかった。
ご都合主義は否めないにしても、丁寧な脚本と魅力的なキャラクター造形、何よりグルを取り巻く深い"愛"には涙せざるを得ない。
あと韓国語で親しい人を呼ぶときなのかな?「〜ヤ」が非常に柔らかく響いて良いですね。「グルヤ〜」って呼ばれる場面がとても多い。その度に、グルへの愛情を感じられる。多分韓国語の「〜ヤ」と日本語の「〜や」ではニュアンスは違うのだろうが、いずれにしても柔らかく響くのが良い。