リッジスカイウォーカー

おっさんずラブのリッジスカイウォーカーのネタバレレビュー・内容・結末

おっさんずラブ(2018年製作のドラマ)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

全く観る気はなかったんですが、妻が横で見ていて、その時の場面が部長が奥さん相手にカフェでカミングアウトする場面で、その描写に夫婦で爆笑してしまい、続きが気になって結局最後まで観たw

これはもうキャラ勝ちなところが強い。
キャスティングが素晴らしいですね。
これしかないんでは?と思わせてくれる配役。

吉田鋼太郎さんのあの乙女な演技は、あの風貌でそれをやられちゃったら笑うしかないじゃないですかwww

部長面と乙女面を類に行き来させる演技がもうたまらんw

はるたんがごめんなさいする場面は何度見ても笑えますね。

あー聞こえない聞こえないww


登場人物の心の動きをしっかり描いているから、6話目までは、最後どうなっちゃうんだろうと、気になって仕方なかったのですが、最終話は半ば強引に話が進んでしまい、私的には残念な気持ちが強いです。

なんで部長と同性するん?
あのある意味脅迫じみたプロポーズはなに?
そしてはるたんが優柔すぎる。

6話目までじっくり描いてきた同性と異性とで揺れ動くフクザツな気持ちの描写が、一年というインターバルを空けてしまったことで、ブッツリ切れてしまい、恋愛のゴールである結婚まで描いちゃったことに、俺の脳がついていかなかったのかもしれません。

世界中でジェンダーフリーが進む中、軽いテイストで描いた本作は一つの形になったのかな。

難しいことを考えずに、このピュアな恋愛をただ見届けることでいいのかもしれない。
他人に迷惑をかけなければ、当人同士の問題で、周りがとやかく言うことではないですもんね。

おっさんになっても、この作品のように、学生の頃のような恋愛ができたら、人生は薔薇色なんだろうね。