相棒 Season 7のドラマ情報・感想・評価

「相棒 Season 7」に投稿された感想・評価

i

iの感想・評価

4.5
0
メリー

メリーの感想・評価

3.5
0
相棒のノベライズ版を読んでた時に「ドラマ新しいの始まる!」と思って見始めたら途中で寺脇さんが相棒から外れてビックリしたことを鮮明に覚えています(笑)
むらた

むらたの感想・評価

3.5
0
過去鑑賞記録
Kei

Keiの感想・評価

-
0
記録
甲神山亘

甲神山亘の感想・評価

4.6
0
亀山くん卒業という長年続いている相棒でも大きな出来事のひとつが起こり
「最後の砦」「逃亡者」のような骨太な内容、「越境捜査」「超能力少年」「密愛」などの変わり種から「沈黙のカナリア」「ノアの方舟」「悪意の行方」のような社会派などさまざまなエピソードに右京さんとレギュラー陣
がそれぞれ初めて相棒として行動する後半の流れなど何度観ても普通に楽しめるシーズン。

しかし何より最終回スペシャルが本当にえげつない話かつ、とても考えさせられてしまう内容だったのがずっと忘れられない。
もなみん

もなみんの感想・評価

4.0
0
記録用
すき
まさお

まさおの感想・評価

4.3
0
波瀾万丈のシーズン7も名作揃い❗亀山↔右京、最後の携帯での会話、伊丹、米沢とのやりとりにジーンとなった!ひとりになりいろいろな相棒と組んだエピソードも面白い!神戸登場の最終回→この新しい相棒との絡みも面白くこれからを期待させる❗英語ボーカルのタイトル曲がイイ♪
ユンファ

ユンファの感想・評価

3.9
0
亀山くんの卒業、相棒なしの「相棒」、突然の新相棒、そしてオープニングの歌…全てがファンを驚愕させたシーズン7。
亀山くんの卒業はシーズン7放送前に既に告知されており、全相棒ファンを混乱させた。多くのファンが、ネット等で亀山のいない「相棒」は「相棒」ではないと発信し、製作陣も事態を重く受け止めたのか、亀山卒業以後の体制については発表されなかった。一方で、亀山の卒業理由やその描写については好意的に迎えられ、右京さんと亀山の交わす最後の会話はシリーズ屈指の名場面となった。

亀山の不在により「相棒」から相棒は消え、ファンから「片棒」と呼ばれる右京のみ、あるいは右京とレギュラーキャラクターいずれか1名の臨時バディ体制による、新しい「相棒」が始まった。「片棒」については様々な意見があるものの、個人的には非常に楽しめた。シーズン7で好きな話は「越境捜査」だが、これも亀山がいないからこそ出来る話だった。
そもそも、世の中に数多ある謎解きものはそのほとんどが絶対的天才である主人公を中心として構成されており、「片棒」になることによって、むしろ普通のミステリードラマらしくなったとも言える。

とはいえ、やはり「相棒」はタイトル通りあくまでもバディものであったし、だからこそ魅力的であった筈だ。
「片棒」は1クール足らずで早々に終了し、最終回にして新たな相棒・及川ミッチーこと神戸尊が登場。
右京さんと同じく、多くのファンが「君は亀山くんの代わりにはなれません」と感じたのであった…
>|