たつなみ

宮本から君へのたつなみのレビュー・感想・評価

宮本から君へ(2018年製作のドラマ)
5.0
真利子哲也監督×池松壮亮主演で新井英樹原作ときたら観るしか選択肢は無いだろ!
…と思ってリアルタイムで観始めたが、主人公宮本のキ◯ガイな位の真っ直ぐさが段々しんどくなってきて、2クール目の途中から録画したまま休止していた作品。

この度映画化ということで視聴を再開したが、やっぱりこれは面白い!
特にこの作品はオープニングタイトルが超カッコいい。
エレカシの曲と宮本の不器用さが見事にマッチしていてとにかく素晴らしい。

同じサラリーマン目線で観ていると、『こんな面倒なヤツと絶対に仕事したくない』と感じる。
だが、しつこいくらいに宮本の愚直さを見ていると、自分が目を背けていたこと、見て見ぬ振りをしていたことが暴き出されているようで、段々と彼の生き様が胸に突き刺さってくる。
『こんなヤツは現実にいやしない』と斜めに観てる自分自身が、『こんな風に生きてみたい』と思っていることに気づかされる。

数あるエピソードの中でも一番好きなのはやっぱり最終話。
ラストで甲田美沙子に宮本が言い放つセリフは『これぞ宮本!』と拍手を送りたくなる。

劇場版は中野靖子(蒼井優)と宮本の物語だとか。
演技派同士のぶつかり合いがとても楽しみだ。

負けっ放しの人生こそ宮本浩❗️
頑張れ宮本❗️頑張れオレ❗️