TRB

ゆとりですがなにかのTRBのレビュー・感想・評価

ゆとりですがなにか(2016年製作のドラマ)
5.0
拝啓、いつかの君へ
そんなに愛想笑いが巧くなってどうするんだい?
忘れたわけじゃないだろう いつまでそこで寝てんだよ
「あんたの正義は一体なんだ?」

最高に面白い!
オッパイいかがですかぁ〜!

キャスト達の相性が良い
演じる度、回を重ねる度に上がっていく高揚感

調子ハズレのゆとり世代が、もがきながら織りなす疾走感

失敗のレッテルを貼られたゆとり達が、社会に飲まれながらも成長していく達成感

面白すぎる

オープニングの入りと曲が恐ろしくマッチしていて気分が盛り上がる

正直、このゆとり達がこの先どうなっていくのか?いつまでも見ていたい気になる

終わってほしくない
単純にそう思った

出会いは最悪
友として最高

こんな奴らと飲みに行ったらさぞ面白い事だろう

ビールで乾杯

からの
OPPAIなんじゃねぇの