パム&トミーに投稿された感想・評価 - 3ページ目

「パム&トミー」に投稿された感想・評価

kota2009

kota2009の感想・評価

4.3
0
面白くて一気見しました。エンディングでは不覚にも泣いてしまいました。ドリーパートン版I Will Always Love Youがめっちゃ合ってて切なさマックス。ドラマ全体の構成が上手すぎ。
トニーが良かったですね。と言うか、セバスチャンスタンのトニー。全然クズ男じゃないです。おバカなだけです。セスローゲンとの対峙ではちょっと感動しました🥺
リリージェームズもめちゃ可愛いし、ちょっと家族では見れないシーンあるけど🤣私にとっては掘り出し物のドラマでした😆
止まらない欲望の渦

ドラマとしてのクオリティは申し分なし!
セバスタがバンドマンやるって言うから見たけど
最終的には、パメラを見守って応援しながら
みてた🥲

ネットが普及し始めた時代設定が
新鮮で、今がより良くなってるって実感したし
性差の問題の解決策の無さを
痛感する内容だった

パメラとトミーのWikipedia覗きに行ったけど
お互いにめちゃくちゃ再婚に再婚を重ねてて
笑った😂
セレブってやっぱ違う生き物だな〜笑
N

Nの感想・評価

3.6
0
リリー・ジェームズとセバスチャン・スタン
2人の別人級の役作りが話題になっていて
ずっと観たかったドラマ🔥

女優のパメラ・アンダーソンと、
モトリー・クルーのドラマー、トミー・リー
2人の新婚時代のとあるテープが流出し、
瞬く間に世間の注目の的になってしまう…

序盤は2人の波瀾万丈な結婚生活と、
テープ流失までの流れが描かれて
後半は流失後の騒動や、2人のすれ違い、
パメラに対する性的な搾取が描かれる。

インターネットが普及し始めた時代🖥
芸能人夫婦の過激なホームビデオは、
男女問わずに多くの人の目に止まり、
海賊版が出たり無料で誰でも見れる始末に。
特にパメラは淫らな女として見られてしまうし
娼婦と言われキャリアも自身もボロボロに…
6話の裁判の録取のシーンは辛すぎるし
質問の内容が酷すぎて吐きそうになる。
女性に対する当時の考え方や価値観、
それが当たり前になってた社会が恐ろしい

スカウトから始まったパメラの芸能生活は
トミーとの出会い、結婚、妊娠と
幸せな結婚生活のはずが一気に地獄の日々へ
トミーもパメラが大切なのは伝わるけど
やっぱり傷の深さは全く分かってなくて、
リアルで観ていて辛かったです🥲

主演2人の体を張った演技と役作り、
特殊メイクも凄かったし再現度が高い!
セバスタはクズ男役がよく似合ってました🥹
ちぇん

ちぇんの感想・評価

3.5
0
セバスタってクソでセクシーな役すごいハマるよね(褒め言葉)

リリー・コリンズのこの喋り方可愛〜

セバスタの息子喋っててしぬ笑

女性だからこそ世間のネタにされるパメラ、やはり見てて辛い。
記録

モトリー好きやったなぁ

パメラ・アンダーソンのビデオは見たことないけどパリス・ヒルトンの流出のやつはエロかったなぁ。。。
Sana

Sanaの感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

2人のなりきり度合い高すぎる!
一部がCGや特殊メイクだとしても馴染んでた

トミーが料金支払わなかったことが原因でテープを盗むランド
最初は建て替えた料金払われなくて可哀想とは思ったけど、どうも思わなくなった
まじカルマ

ドラマを見ていくと、パメラとトミーのラブラブなホームビデオだったことが分かる
彼らだけの思い出で、彼らだけのビデオだったのに勝手にばら撒かれる

加担した人は罰されるべきだよ、、、ひどすぎる
なんでこんなひどいことができるの?ビデオを販売した人はもちろん、喜んでビデオを購入していた人間も嫌い。メディアや裁判所もどうかしてる。
自分が良ければそれでいいって人で溢れていて、他人を思いやれない人が多すぎる

4話のパメラとトミーの喧嘩はパメラの言い分がすごく理解できて悲しくなるし、7話のパメラの訴えも悲しすぎる。

この悲しい出来事を今、制作した意味は何だろうね
著名人に対する一般人のあり方も考えさせられた
E1
1995年に起きたパメラ・アンダーソンとモトリー・クルーのドラマー、トミー・リーのセックステープが流出事件を描く。監督は『アイ、トーニャ』のクレイグ・ギレスピー。プライベートなビデオを盗んだ大工セス・ローゲンから物語を始めたのが大正解。面白い。
セス・ローゲン演じる大工はトミー・リーの豪邸の改築工事を担当するが、ロックスターの気まぐれ(=奇行)に翻弄され、復讐を誓う。ローゲンが最高。トミー・リー役のセバスチャン・スタンはE1の全編ほとんどをパンツ一丁で演じ、ウィンター・ソルジャーからイメージ刷新した。

E2
遡ってトミー・リーとパメラ・アンダーソンの出会いが描かれる。クレイグ・ギレスピーは『ラースとその彼女』『アイ、トーニャ』同様、眉をひそめたくなるような
人々をとびきりキュートに見せる。WSSも顔負けの2人の一目惚れ!…からのとびきり下品なモノローグに目眩。

E3
ラブリーなのにゲスい、エグいのに楽しいというセス・ローゲン、クレイグ・ギレスピーのテイストがたっぷり。セバスチャン・スタンとリリー・ジェームズもキュート。彼らの裏で着々と進行する裏ビデオ作成、流通販売網確保の過程がサクセスストーリー風なのも笑える。

E4
ゲスとクズしか出てこない中、セックステープが流出してしまったパメラ・アンダーソンの苦しみにフォーカスし、このドラマの本質が明らかになってくる。リリー・ジェームズは大胆なキャリアチェンジ。いつもそうだが、セス・ローゲンは汚れを一手に引き受けていて偉い。
僕の大好きな脇役俳優ニック・オファーマンがいつも通り息をするように自然な芝居のままゲスを演じていて、この芸風スゴいなぁと。

完走
おバカな発端部に笑っていたのも束の間、プライバシーの侵害、性加害へと事態はエスカレートし、肌を晒したために世間から軽んじられたパメラ・アンダーソンへ寄り添い、件のテープにも独自の解釈を与えている。シーズンが進む毎に幾つものレイヤーが増えて面白かった。
ShokoP

ShokoPの感想・評価

5.0
0
セバスタ目当てで見始めたけど、リリー・ジェームズ演じるパメラ・アンダーソンがただただ気の毒で辛かった。
あんな風に世間のおもちゃにされて、その後の人生がめちゃくちゃになるの、やはり女の方が被害は大きいよな。。
このドラマはパメラ・アンダーソンに寄り添った内容で良かった。コートニーラブはキレてたらしいけど、見れば意見変わるかも?
NIRVANAのそっくりさんみたいなのが出てきたのは笑った。
1990年代に起きたパメラ・アンダーソンとトミー・リーのSEXテープ流出事件。
男性の愚かさによって罪のない女性が苦しむ展開。
流出だけでなく仕事も上手くいかず、心が弱っていても屈しない強さ。
ラブラブだった二人の愛が徐々に弱まっていく様子が切なかったです。

あなたにおすすめの記事