ayuko

彼女はキレイだったのayukoのネタバレレビュー・内容・結末

彼女はキレイだった(2015年製作のドラマ)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

「キム秘書」でパクソジュン好きになったので視聴。

キム秘書のパクソジュンの方が好きでしたが、こちらも、明るく癒される多幸感あふれるラブコメでした!

ソンジュン(パクソジュン)は、子供の頃と違ってイケメンに、美女だったヘジンは残念な容姿に成長。15年ぶりに再会する2人、自分を見せるのが辛くなったヘジンは、美人の親友に自分の代役を頼み、もう会えないと伝えてもらう。ところが、ヘジンの就職先の雑誌編集部に、ソンジュンが副編集長として着任、一緒に働く事になる、ってお話です。

見どころ、それはパクソジュンです!w
俺様から溺愛に豹変後の後半が最高で、またしても私のお好みの「一途」な「童貞」の「初恋」物語ですね!w

初恋の相手と別人だと思って、ヘジンに冷たくしていたソンジュンが、一緒に働くうちにヘジンにもう一度恋をしてしまう、という展開、良かった。

彼女が初恋の人だったということに気付いて、好きになるのではないところ、いわゆる「見た目じゃなくて中身が好き」を描いているんでしょうか。

ヘジンは途中でお約束ですが、美人に変身するけど、ラストは元に戻るのも良かった。2人が再会した後、お互いに改めて恋をするところ、丁寧に描けていました。

また、二人が働くファッション雑誌が、あと3号で売上1位になれなかったら廃刊してしまう、という状況で、ソンジュンが着任したという設定も良かった。

ちゃんと仕事の顛末も丁寧に描かれ、2人がくっついた後もストーリーが気になる構造になっているところは良かったし、「実は編集部にいるらしい会長の息子が誰なのか」「人気作家テン」の正体のくだりも良かった。見抜けなかった!

気になった点。まず、子供の頃のソンジュンがヘジンに恋をするのは納得ですが、ヘジンは一体何故?があまり描かれていなかったとこ。

子供の頃のソンジュンに、美人で人気者だったヘジンが何故惚れたのか。話があうから?弱い!そこ大事なとこ!身を挺してソンジュンがヘジンを守った!とか入れても良かったんじゃないかな。

あとは、ヘジンのふりをするハリが可愛すぎだった。美人で性格も最高。見方を変えれば、ハリが主役で、友人のふりを頼まれて会った彼に恋をしてしまって、苦しむけど恋が実る、という別のラブストーリー展開もあり得ますよね。途中、必死に謝るハリが切なかった。いや、ハリ、あんた全然悪くないから!

あと、ヘジンのキャラクター、特に前半、ドジっぷりや騒がしいキャラクターが結構ウザかった。脚本の問題なのか、演技過剰? ハリと付き合えばいいのに、って視聴者に思わせてしまってはダメなんじゃw

あとは、ハリが実はソンジュンに恋をしてたという事に気付いたヘジンが、ソンジュンを諦めようとする展開も好きじゃなかった。

何で?ヘジンがいい子なのはわかるけど、親友の彼氏や夫だったら諦めても良いけど、ヘジン、あんたの恋心はその程度なのかい。違うでしょー!ハリと話し合えばいいでしょという気持ちになった。

というわけで、色々と気になる点もありましたが、それを凌駕するパクソジュンの可愛さと多幸感は味わえたので、見て良かった!

最終話のラブラブシーンが可愛かった。

その1
アメリカにいたソンジュンが急に戻って来たシーン
ヘジン「どうして急に来たの?」
ソンジュン「このままだと 恋煩いで死にそうだったから」
ヘジン「休暇をもらったの?」
ソンジュン「いや 完全に戻って来た
格好つけてたけど 僕には無理みたいだ
とても待てない
君の本作りが終わるまで そばにいる」
ヘジン「ちょっと待って 会社は?」
ソンジュン「それは…君が養ってくれ」

ソンジュンの冗談なんですけど、これはっ!養ってしまうよねw
仕事より女をとる男!良い!!
アメリカに連れて行こうとせず、彼女の夢を応援するのも良かった!
現代女性の王子様ですね!

その2
ヘジンの実家のキッチンで、2人でお皿洗ってるシーン
ソンジュンが「いい子だな」とヘジンの頭を撫で、おでこにキスするシーン。
可愛い!多幸感!

その3
結婚後、自宅のパソコンで仕事しているヘジンを邪魔するソンジュン
ソンジュン「チューは?」
ヘジン(仕事しながら口だけ触れる)
ソンジュン「今のは何だ? 
君は変わってしまった 
キス魔だったのに」
可愛い!このシーンのパクソジュンが前髪おろしててより一層可愛い。王子!

前半の俺様ソンジュンはそんなに好きじゃなかった。結局、溺愛王子が最も好きなタイプなのかもw