彼女はキレイだったのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「彼女はキレイだった」に投稿された感想・評価

Kurukuru

Kurukuruの感想・評価

4.1
0
コメディー要素強くて爆笑しながらみた!でも、最後の2話はちょっとだれちゃったかな。
momoちゃん

momoちゃんの感想・評価

3.7
0
最初の何話かはイライラして心折れそうだったけど、だんだんおもしろくなってきて、結果最後まで観てよかったと思う。
パクソジュンの髪型が最高だー!髪を上げてるのも下ろしてるのもどっちもいい♡
HAPPYSAD

HAPPYSADの感想・評価

4.0
0
仕事では冷徹上司で、へジンの前だと少年なのがかわいすぎ。

キルミー・ヒールミーが好きだから、このカップルにはうれしさしかない。
mayug

mayugの感想・評価

3.5
0
記録用
ま

まの感想・評価

5.0
0
おもしろかった
若いパクソジュンが見れます。
ファンジョンウムさんがとても美しい。加えてコメディー要素たっぷりでとっても可愛い。

パクソジュン苦手な方でもこの作品なら見れると思います。
mnm

mnmの感想・評価

4.3
0
話がわかりやすくて面白かった!
パクソジュンカッコよすぎだろアセ
rumi

rumiの感想・評価

4.7
0
なんと言ってもパクソジュン最高。ドSツンデレ上司が最高。とりあえずほんとに最高。
E

Eの感想・評価

-
0
記録(途中離脱)
mimitakoyaki

mimitakoyakiの感想・評価

4.2
0
仕事に殺されそうになりながら、パクソジュンやらに癒されるために我を忘れて見てました。

子どもの頃は美少女で人気者だったヘジンは、大人になってからは容姿がパッとせず自信が持てません。
子ども頃の友達ソンジュンから15年ぶりに会おうという連絡をもらってウキウキしてたものの、子どもの頃はいじめられっ子の太っちょメガネくんだったソンジュンがパリッとしたイケメンになってて、急にブサイクで職にもついてない自分が惨めになり、美人の友人に代役になってもらったことから起きるスッタモンダを描いています。

ヘジンはひょんなことからソンジュンと同じファッション雑誌の出版社で働くことになりますが、副編集長のソンジュンは鈍臭いヘジンが自分の初恋の人だとは気付かず、めちゃくちゃ厳しく接するんですね。

それはもう、いくらパクソジュンやからというて許されるもんではない感じのパワハラぶりで、例えば会議の場で平気で企画案を発案者の前でゴミ箱に捨てたり、ヘジンのことも名前じゃなくて変な呼び方するとかいろいろ。
これ、2015年の作品だから今ならもう少し違った描き方になったのかもですが、このクソ上司ぶりが見てて嫌になりつつも、ヘジンの人柄や懸命さにだんだん惹かれていって、彼女やスタッフへの接し方も変化していってからは安心して見れました。

良かったところは、ソンジュンがヘジンの夢や生き方を尊重し、自分の思いを押し付けないところです。
「俺についてこい」的な展開ならオエーッとなるところですが、そこはいくらジェンダーギャップが大きい韓国でもちゃんと価値観がアップデートされてて良かったです。

そして、ヘジンがファッション誌の編集に携わったことで、どんどん洗練されていき、服装や見た目も綺麗になっていくのですが、そんな外見の美しさを得てメデタシで終わらなかったところもとても良かったです。

自分の夢を諦めず、やりたいこと、なりたい自分を実現させたことで、心も充実してくると、美しさが滲み出て輝くから、モジャモジャ天然パーマで真っ赤なほっぺでも「彼女はキレイだった」ってことなんだと思います。

自分の居場所を見つけ、自分を理解し応援してくれる人、大切に思ってくれる人がいるってほんとに幸せだなと思いました。

パクソジュンがカッコイイのは当たり前として、ヘジンの魅力に早くから気付いて、ヘジンを励まし陰で支える最高の相棒のチェシウォンがもうっ♡
こんな友達欲しすぎる!と思わせる魅力がすごかったです。
普段は好きな子にちょっかい出す小学生レベルのウザ絡みをしてくるんですけど、陽気なキャラでありながら、優しくてで誠実なのがたまらん。
全力でふざけるのもいっぱい笑ったし、ずっとこの人見てられるって思いました。

Kポップは全然知らないんですが、チェシウォンてsuper junior のメンバーだということで、こんな髭の濃い人がアイドルなんだと思ってびっくり。
でも、super juniorが出てるバラエティ番組を見てたら、ガンガン前に出てアピールするメンバー達の中で、あまり話さずにただ後ろの方でニコニコしてる感じだったので、全力の変顔とかガハハ笑いしてふざけまくってる本作でのチェシウォンとだいぶイメージが違ってました。

ヘジンを演じたファンジョンウムは「キルミー・ヒールミー」ではパクソジュンと双子役でしたが、本作でも明るくポジティブな役が似合ってるし、「今はルックスに自信が持てない」という設定で、服装は地味だし天パーで赤みのあるほっぺにしてあるんですけど、やっぱりそもそも可愛い女優さんですから、地味にしたって可愛いんですよね。
コンプレックスに感じるほどのブサイクさでは全くなかったので、そこのところの説得力が弱かった感はあります。

でも、ありのままの自分で輝けるし美しいっていうテーマが良かったです。

8