貝柱茶柱

Lの世界 シーズン2の貝柱茶柱のレビュー・感想・評価

Lの世界 シーズン2(2005年製作のドラマ)
5.0
脚本・演出ともにかなり優れているし、何より人物設定が秀逸だと思う。
彼女たちそれぞれが魅力的で、欠点を抱えていて、そのどれもにリアルに共感してしまって胸がキュッとする。怒りや傷つきの振る舞いなんて、まったく、うますぎるって。ドラマにはこんな楽しみがあったのかと知った。
『源氏物語』のようにも思える作品。根底にある、「女」へのものすごい愛と関心、理解と鋭い観察眼に浮き足立つ。