あちぴろ

最愛のあちぴろのレビュー・感想・評価

最愛(2021年製作のドラマ)
3.9
2021年10~12月クールの金10ドラマ。

吉高由里子を初めて知ったのは、小日向文世が初の主演をした「あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜」というドラマ。2008年のドラマなので、あれから13年。可愛い印象から綺麗な女優さんになられた。
松下洸平は朝ドラ「スカーレット」で観て以来ファンになり、そんな二人の共演で話題でもあったので全10回を完走。

まぁね、ARATA(井浦新)がそんな役で終わるはずがないとは思ってたけど。
まさかそんな昔から吉高由里子演じる梨央のそばにいたのね・・。
大ちゃん(松下洸平)からの愛、加瀬(ARATA)さんからの愛を受けているというのがタイトルの意味なんだろうか。
そういう視点で言えば、ミッチー演じた後藤さんも薬師丸ひろ子演じた梓社長への想いも「最愛」と呼べるか。

まぁ、何を言うても殺されたクソ息子が一番悪いし、その子供あってのその親。殺されても当然だろう。
「息子の出来心じゃったんじゃー、相手の娘も誘ってきよったんじゃー」と言うてた最終回の池の回想シーンでは、死ねよ。と口に出てしまった。

莉央にしても、橘しおり(田中みな実)にしてもほんとにこのレイプ魔さえいなかったらもっと幸せな人生を歩めたんだろうな。

野田健二郎、岡山天音と匂わせておきながら、やはりARATAさんだった。

9話の最後に大ちゃんが犯人??!と匂わせてくるあたりの作り方はお上手でした。