さと

エイリアニスト NY殺人ファイル シーズン1のさとのレビュー・感想・評価

4.3
製作に『True Detective 』のキャリー・ジョージ・フクナガ、監督は『London spy 』のジェイコブ・ヴァーブリューゲン。

事件を追うちょっと無神経で人間関係下手な主人公、彼に腹を立てつつも良き理解者の助手的友人…という『SHERLOCK』的な関係。(ルクエヴァの役名もジョンだし、すぐ危険な目にあっちゃうし…)

チームで猟奇的連続殺人犯を追いかけ、捜査する側の私生活が犠牲になったり精神が蝕まれたりするのは『Criminal Minds 』だし、ダークでセクシュアルな映像は『London Spy』の雰囲気。

私の好きなドラマの要素が詰まってて、個人的にとても楽しめた。一番、賢くて強くて頼れるのが女性のダコタ・ファニングというのも面白い。

ユダヤ人双子兄弟とかスティービィ少年とか他のキャラクターも魅力的。19世紀末の衣装や美術も素敵。シーズン2あるのかな?観たいなぁ。