さやか

マイネーム: 偽りと復讐のさやかのネタバレレビュー・内容・結末

マイネーム: 偽りと復讐(2021年製作のドラマ)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

わかっていてものハンソヒからのギャップすごかった!
ドラマっていつも主人公の復讐止めて美談にしようとするからちゃんと復讐できても良いんじゃないかと思ってたからそこはスッキリ。
でも結局お父さんをトンチョン派に送り込んだことが悲劇の始まりじゃない?
ムジンも裏切られた事で傷ついたし結局警察はトンチョン派潰せなかったわけだしさ。そしてジウもこんなんことになっちゃうし。騙すような捜査をしたのごがよくないと思ったよね。
最後のピルト、、韓国ドラマってほんと救いようのないことするよね、、
ラブシーンにはびっくりした。
あんな傷だらけでやったら感染リスクも高いしもともと手術しなかんくらい炎症データも高いんだから致したらぶっ倒れるよ笑