山田孝之の東京都北区赤羽のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「山田孝之の東京都北区赤羽」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

3.0
0
綾野剛の回。友達同士で展望を語るリラックスした回
速攻

速攻の感想・評価

3.8
0
見ている側も戸惑うフェイクドキュメンタリー(なのか?)
齋藤佑樹

齋藤佑樹の感想・評価

3.5
0
山田孝之ファンなので面白かった。
どこまでがリアルで、どこまでがフィクションなのかと不思議に思うシーンも多く他のドキュメンタリー観てたからそれと照らし合わせて楽しめた。
赤羽の空気感がとても気になった作品。
plaski

plaskiの感想・評価

5.0
0
マンガのドラマ化かと思いきや、マンガに感銘を受け赤羽に移住した山田孝之に密着したドキュメンタリー?
演技に行き詰まった山田孝之がマンガの原作者やユニークな登場人物たちとふれあいながら自分を取り戻していく流れ。
とても面白いのでガチのドキュメンタリーだと信じたかったのだが、ロケ地を巡礼してみて演出(ヤラセ)でないと撮れないシーンに気づいた。しかしだからといって全部がヤラセだとも考えられない。マンガの登場人物の皆さんは一般人なので演出でセリフをしゃべっているとは考えられない。どこまでがガチでどこまで台本があってどこまでが演出なのか見れば見るほどわからなくなり、気付くとこの作品の虜となっていた。

Blu-ray BOXに付いていたイベント応募券に当選してリキッドルームで行われたライブイベントに参加できました。その時、満員で席に座れず立ち見していた私の前を大根仁監督が往復2度も横切りました。田舎もんの私としては最高に嬉しかったです。
春

春の感想・評価

3.8
0
やっとFilmarks出現してた
ブタブタ

ブタブタの感想・評価

3.0
0
江口寿史の例によって途中で終わった作品に
『平成大江戸巷談イレギュラー』という作品があって原作は狩撫麻礼の別ペンネーム、漫画アクション連載で11話迄ある物の単行本には五話しか載ってない。
フランチャイズ企業の出店によってシャッター商店街となったとある街の町興しに巻き込まれる主人公とフラリと現れた演出家によって何故か商店街挙げて映画製作に乗り出すってかなり面白かったけど江口寿史なんで当然未完。
この『北区赤羽』は勿論清野とおるの赤羽ご当地漫画が原作ですが、あくまでも其れは外枠位に使われてる程度で中身は山田孝之が突然役者を止めて赤羽で自分探しを始めたりとか訳わかんない事から始まり、それって『容疑者ホアキン・フェニックス』だったり後半の赤羽住人総出で芝居をする下りとか『平成大江戸~』にも何か似てる。
山田孝之という「異物」が突然赤羽の街にやって来て色んな妙な人々との出会いによって予想しえない話が展開していく。
あくまでもフェイクドキュメンタリー的なものなのでどこまで本当なのか分からないけど。
「赤羽UFO事件」を原作とする山田孝之がUFO凧を上げて花火大会みたいなのイベントを企画する話し。
赤羽住人の一人「ジョージさん」が突然怒り出すあの下りが爆笑。
山田孝之に「お前はこんな事をする為に赤羽に来たのか!」って物凄い勢いで怒って説教始める。
見てて意味わかんない。
しかしコレが切っ掛けで山田孝之はもう一度役者としての自分を見つめ直し赤羽住人達による芝居『桃太郎』へと繋がっていく。
ただこれだけテレビ出る仕事してたり壇蜜と結婚したりしてる原作者の清野とおるが未だに顔出しNGなのが気持ち悪い。
yumena

yumenaの感想・評価

-
0
記録
onokanta

onokantaの感想・評価

4.5
0
ドキュメンタリーのように見えるドラマ
変わった撮影の仕方で山田孝之に密着してるかのように見れてとても楽しめた。

東京都北区赤羽の街並みやそこに住んでる住人の人情など捉えててありのままに生きている姿がものすごく好きになった。
一気に見てしまう爽快感もたまらない。

これは是非見て欲しい。
綾野剛の出演回のみ視聴。
ガラの悪い輩二人の与太話。
カオス
>|