フランケンシュタインの恋のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「フランケンシュタインの恋」に投稿された感想・評価

海月

海月の感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

確かに日常の中の”普通”とは違う存在に恐怖してしまったり遠ざけて異質な目で見てしまう気持ちはわかるけれど、どんな人でも人間である事には変わらない。心は、気持ちは人間なんだよって。
周りをそういう目で見てませんか?っていうメッセージも感じる。名前はファンタジーでラブコメな要素もあるけれど、伝えたいメッセージを自分の中では受信できて面白かった。

人間の方がよっぽど化け物だ。とは稲庭先輩のセリフ。本当に、そう思う。
いち

いちの感想・評価

3.0
0
なるほどタイトルはそういうことなのか!ってわかってからは面白かった。
研を取り巻く人達は魅力的な人が多かったけど、個人的に津軽さんのキャラクターがあまり好みではないのとテンポ悪いなと思うところが前半多かったので星3つです。
EDがかっこいい!!
龍

龍の感想・評価

3.0
0
綾野剛さんの演技が観たくて鑑賞。
綾野剛さんの些細な表情の変化がよく現れてる作品だなぁと感じた。キノコはえるの可愛え。
利用する者と利用される者が、わかり易く描かれている。それだけではなく、人間のプラスマイナスの感情が両方描かれているのも良かった。

何事にも感謝と謝罪は大切よな。
さちこ

さちこの感想・評価

3.5
0
・名言がたくさんあった。

・悲しいとは信じていた人に裏切られること、虚しいとは信じる価値のないこと・信じてたものに裏切られるのが“悲しい”で、初めから信じる価値のないものが“虚しい”です。

・深志研が放つ菌、オーラのようなものだと思う。その人が放つオーラは人を介して他の人に伝染するから。
ファンタジックラブストーリーというには
荒唐無稽すぎるお話で、

こ、これは…
ドすべりしてない?大丈夫?

最初はおそるおそる見始めたけど、
芸達者な役者さんが集結してたおかげで、なんとか軟着陸…してたと思う。

怪物ってなに?人間ってなに?
ラブ、ホラー、SF、サイエンス、
カテゴリ分け不可な奥深さで、
連ドラとしてはチャレンジングなのでは。

なぜラジオを舞台にする設定がいるのかは最後まで首を捻っていたけれど。
MM

MMの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

綾野剛さんはもちろん最高なんだけど、ちょっところ綾野剛さんじゃなくても良かったような(汗)助演が柳楽優弥さんだったから上手くいったんだろうな...という(汗)
浅葱

浅葱の感想・評価

2.0
0

このレビューはネタバレを含みます

綾野剛出演作品16本目

これ本当に2017年に毎週放送してたんですか……!?って気持ちになるファンタジードラマだった。
色々ツッコミどころはあったけど、文学的な言い回しのセリフや主人公の無垢さで現代の童話っぽく収まっていたかなと思う。
最後はラジオの人たちが味方になってくれたあたりも、「怪物」という言葉を多面的に使っていたあたりも寓話的。
でも「怪物は人の害ではないと自ら証明し続けることで生存を認められる」というオチだったので全然ハッピーエンドではないのでは……?

30代後半であのふわふわ純真無垢キャラをそれっぽく演じられる綾野剛すごいなの気持ちになりました。
ayukat

ayukatの感想・評価

-
0
フランケンの純粋さに癒やされていました。
天草に聞けっ♪が頭から離れなくてお気に入りでした笑
しの

しのの感想・評価

2.7
0

このレビューはネタバレを含みます

始めはぶっ飛んだ設定に共感性羞恥、続きを見るのに悩みましたが綾野剛さんが好きなので頑張って見ました。

物語が進んでいっても、キノコの生えるシーンが怖い、ラジオそんなに絡むのか、逃げるのにそのコートは目立つだろう…などツッコミどころ満点でした。

9話目にしてやっと謎が解明された時はここまで頑張ってみてきてよかった…と思いました。
自転車と山から落ちる場面の伏線回収はちょっと感動しました。

「独学ほど人のご恩を感じる学び方はありません」

「君はよっぽど人の世話になることを得意としているようだ」

という言葉選びは非常に好きです。

最後、津軽さんに永遠の命を…
とならなかったのは良かったですが、飛行機のシーンはいるかな?
「数年後→ハッピーエンド」
の王道エンドです。

「早く恩返しが得意になりたいです」
という彼の願いはかなったのか…。
akemi

akemiの感想・評価

3.8
0
毒にも薬にもなる菌を体に持つ、心優しきフランケン。
菌を自分で操れず、人々を恐怖に陥れてしまう・・・。

綾野剛さんがとにかくいい!
他のキャストもいいし、素敵なファンタジーに仕上がっていました。