ゴーイング マイ ホームのドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ゴーイング マイ ホーム」に投稿された感想・評価

tokutoku

tokutokuの感想・評価

4.0
0
是枝監督作品は2つ目の鑑賞。

映画の尺では収まらない、ドラマの尺でしかできない贅沢、丁寧なカットが多い。映画かと思うほどロケシーンが多い。

ドラマにありがちな、無駄な回も無く、全ての回に伏線やメッセージが隠されてた。また、SF童話要素が含まれており、今まで見たことのないテレビドラマ。

「故郷」がキーワードであるが、故郷とは、人なのか、土地なのか、思い出なのか、最後まで明確にされなかったと思われるが、故郷を持たない「クーナ」と対象的に描かれる。

人とクーナの唯一の共通点は、家族が亡くなれば、やっぱり寂しいということ。普段話すことなど何も無いと思っていても、いざ、話せなくなると色々話したいことが出てくる。

是枝監督の作品に共通する、「生きてるうちに」今やっておけというメッセージが込められている。
rei

reiの感想・評価

-
0
是枝監督を知らない時代に見てたドラマ。だから意識せずとも最初に見た是枝作品になるのかな。当時、わざとらしい演出のドラマしか知らなかった私にとって肩肘張らないナチュラルな雰囲気が衝撃的だった。初見でドキュメンタリーかと思ったほど。昔も今もこの空気感が好きなのは変わらないな。
もこみ

もこみの感想・評価

-
0
当時僕は中学2年生、塾から帰ってきた夜に放送していた。ドラマなんか興味ないし、たまたまやってるから見てるだけ、なんてフリをしながら、母親が見ている横で密かに楽しみにしていた。宮崎あおいが好きだったからだ。
見ているうちに宮崎あおいだけじゃなく、物語そのもの、雰囲気に惹かれていったのを覚えている。
特に阿部寛が涙するシーンは、当時中学2年の自分にとっても、自分ごととして強く響いた。一生心に残るシーンだと思う。

久しぶりに思い出してレビューを書いてみたが、監督の名前を見て、当時の自分センスよかったかも?なんて思った。
ok

okの感想・評価

-
0
記録
suzukarai

suzukaraiの感想・評価

5.0
0
おいしそうにみせるために
味噌汁に砂糖を入れて
具を浮かせるのは衝撃だった

美味しそう≠おいしい


世の中は目に見えるものだけで
できてるんじゃない
ハンダマ

ハンダマの感想・評価

4.5
0
なんだろうこの感じ?とても好きです。
kosho

koshoの感想・評価

5.0
0
歳を重ねる毎に見たい作品。
後悔はかつてそこに愛があった証拠。
いい言葉。
マチ子

マチ子の感想・評価

-
0
記録
これえだぁ〜
見ていると、静かな時間が流れる作品でした。料理がとても美味しそうに見えました。また、主題歌を聴いていると、懐かしく感じました。
>|