ゴーイング マイ ホームのネタバレ・内容・結末

「ゴーイング マイ ホーム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すんげー好きなドラマ。俳優のアドリブのところがいっぱいあってそこがとても良い。小さい頃のばあちゃん家行ったときのことすごい思い出す。最終話の子供たちがクーナを発見?するところのカットが天才的。この世界の秘密を発見したかのようなシーン。それが子供二人が発見したというのがまた良い。DVD買うぐらいよかった。
面白いい話。
くすっと笑えて美味しいご飯を食べたくなった。
役者一人一人が良い味。
見えるものだけじゃないんだよ
そして 大人は同じこというとだめだなっていうのがよく分かった ような 気がする。YOUと阿部寛の兄弟のかけあい面白かった。
字体がおしゃれ。デッドドントダイ的な。
そしてアイヌ模様が素敵。
是枝監督って家族の在り方撮るのが得意なのかなぁ。
ホームコメディ
素敵な作品。
家族っていう共同体の中にある温かさと、ある意味冷たさみたいなものがばっちり描かれてる
家族を描くっていうところはこの監督のわりとずっと根底にあるテーマなんだろうけど、そのなかでもかなり、温かみとかクスッと笑える見せ方に寄ってる感じかな。
でも万引き家族とかなり似てるとこあるかもな。
とくに後半にかけて、家族間の会話の質も尺もどんどん増えてるようで、特にyouさんとか、ずっと聞いてられるこのコントみたいなかんじ万引きの時もあったけどアドリブなのかな?笑
万引き家族はアドリブもかなりあったらしいけどこれもどうなのか気になる
そう考えると是枝監督って人は万引き家族で名実ともに邦画トップクラスの監督になったと思うけど、そこには間違いなく役者の実力がかなり大きく関わってたんだなぁと思う。それを引き出す演出をするっていうのも能力だと思うけど。

クーナっていう存在が、そのファンタジックなノリとかわかりやすいCGがちょっとこのリアルな設定の邦画の中で異質で、場合によってはついていけないかもと思ったけどおもしろかったしかわいかった。

目に見えないものを信じる、って、家族という題材に置き換えたら的を射たメッセージだなぁ。

CM制作してる阿部寛をたまたま二本連続で見れたのはなんかおもしろい。