ミスターT

山岸ですがなにかのミスターTのレビュー・感想・評価

山岸ですがなにか(2017年製作のドラマ)
4.5
【連ドラのラストから1年後。山岸は、会社を辞めた先輩の正和を引き継ぎ、エリアマネージャーと『鳥の民』店長を兼ねる多忙な日々を、相変わらずのマイペースさでのびのびと過ごしていた。
ある日、山岸はドラマ「ゆとりですがなにか」脚本づくりのための取材に呼ばれ、ゆとり代表としてテレビ局を訪れる。ほかの参加者の発言を「そのエピ、甘くね?」と鼻で笑い、「会社相手に訴訟起こしたことあります?」などと“山岸劇場”を披露する彼に、プロデューサーも脚本家も監督も興味津々。アシスタントプロデューサーの須藤冬美は、上司の指令を受けて山岸に追加取材をすることに。「自分の企画でドラマを作りたい!」と燃える冬美は、ネタ探しのために山岸とつきあうことに…
ドラマ「ゆとりですがなにか」が産んだ強烈キャラクター山岸ひろむを描いたドラマ】

まさかのスピンオフ(^^)
抱腹絶倒!!
思う存分、山岸を堪能できます(^^)

ちょっとパラレルな世界で、それを活かしたラストのオチも上手い!!
さすがクドカン!!

本編「純米吟醸純情編」との繋がりも楽しい!!

"でんでん"を雑に扱いすぎです(^^)