真夜不寝

聖☆おにいさんの真夜不寝のネタバレレビュー・内容・結末

聖☆おにいさん(2018年製作のドラマ)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

目覚めた人ブッダ、神の子イエス。世紀末を無事に終えた二人は、立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな"最聖"コンビの立川デイズ。

原作は設定知ってるくらい。何話か読んだっけな。ゆるくてシュールな笑いってイメージだったけど、それをどう表現するのか楽しみだった。
一話一話の時間が短いからスナック感覚で気軽に見れる。やっぱギャグはこれくらいがいい。爆笑はしないけど、クスッと笑えるこの空間がけっこー気に入った。
福田作品って途中で気付いた。最近の福田組邦画のドーン!!って感じのノリはそこまで好きじゃなかったんだけど、こういうユルい雰囲気はヨシヒコを彷彿とさせて好き。途中で佐藤二朗が出てきた。原作でのそのお話を知らないからどこまでの再現度かとかは分からないけれど、彼が出てくると急に福田色が強くなる。すごい俳優だとは思うけれど、やっぱりちょっとうるさい。
原作の二人はもっとクネクネ?というか下界の文化にキャピキャピしてたイメージだったけれど、ドラマの二人はどっちかってとぐうたらしてる。でもクッキー作ったり節分楽しんだりお互いの散髪し合ったり。ちょっとミーハーなとこも面白い。2人の立川デイズをもっと眺めていたい。