骨法十か条

リーガルハイ 2ndシーズンの骨法十か条のネタバレレビュー・内容・結末

リーガルハイ 2ndシーズン(2013年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

 弁護士のコミカド先生とマユズミ先生、ハットリさん、ランマルと前回からのメンバーに加えて。今回から「Win-Winの関係」を重視する検察から弁護士になったハニュウくんなどが加わりいろんな事件を法廷で解決していく。

 連続保険金殺人を中心にして、毎回いろんな事件の担当になって解決していく。キャラクターの面白さはもう最高で全員のやりとりを見ているだけでニヤニヤしてしまう楽しいやりとりの中に、問題提起があったりしてハッとさせられるという。

 ただ1話完結の事件が毎回続いていく中、1番引っ張る保険金事件がちょい無理やりな展開なんじゃないかなーと思わなくもないですが。真実は結局わからないままだし。あの娘さんが犯人っぽいにも思えなくないしで、コメディドラマとして後半は失速かなーと。生瀬さんが出てくるといきなり面白かったりしちゃうので、もっと出してほしかったり。
 とはいえ、笑えるし考えさせられる台詞もあってとっても面白いドラマでした。