Cisaraghi

重版出来!のCisaraghiのレビュー・感想・評価

重版出来!(2016年製作のドラマ)
-
原作の五百旗頭、オダギリジョーがモデルですよね?と思うくらい原作の画像を見たらビジュアルが似ていた。

もちろんオダギリ目当てで見始めたドラマで、オダギリほんっと文句なしにカッコよかったのだけど、見終わった時にはすっかり永山絢斗のファンになっていた。永山絢斗ファンになるのは朝ドラ『おひさま』以来2度目。『おひさま』の時の呑気な弟役(だったかな?)とは打って変わった役だったが、相変わらず何かしら心をギュッと掴むものを持っている俳優さんda。この先もその何かを失わずに俳優の仕事をしていって欲しいと願わずにいられない。そして、できれば年取っても眉間に皺が寄らない俳優になって欲しい。

オダギリジョー、永山絢斗、ムロツヨシ始め好きな役者さんが揃っていて、逆に苦手な役者は出てなくて、ガッカリなセリフやいかにもドラマっぽい臆面のないセリフもない。
 柔道オリンピック代表候補から大手出版社のマンガ編集者への転身は、やっぱり就活に強いのは体育会系なんだ、例え出版社でも文学部系じゃないんだ…と思って見ると文学部シンパとしてはウツ設定だが、黒木華ちゃんが演じるとひとつも嫌味がない。紅一点女子なのに恋愛を絡めてこないところもいい。
 しかし、単なる一読者から、マンガ家さんにあれこれダメ出しするいっぱしの編集者になるのが早過ぎないか?原作にはその過程も描かれているのだろう、多分。

もちろんマンガ出版業界の内側を描いたお仕事話としてとても面白く、全体的に減点が少ないTVドラマという印象。濱田マリさんが本が一番の友だちだった、というところはさすがにツッコミ入れたくなったけど。どう見てもそうは見えないでしょ!?(濱田マリさんは好き。)でも、それは小さなマイナス。
 一番残念だったのは、感動シーンでいかにも"感動を盛り上げてます!ここ感動するところですよ!"と言わんばかりの、TVドラマによくある没個性的でありきたりでお節介な劇伴がもれなくついてくる点。おかげで感動シーンが安っぽくなってシラける。話がよければそれ自体で十分だと思うので、感動させようと余計な力を加えなくても。ユニコーンの曲はとってもよくて、むしろ泣けた。

業界の話というだけでなく仕事一般にどう取り組むかという話としても面白く、小泉クンが営業に目覚めるところなど共感する人が多いのでは。減点部分は少なかったけれど、欲を言えばもう少し社会的側面が掘り下げられるとよかったかも。10話で1話ずつ焦点の当たる人物が異なるという形態では無理なのだろうか。例えば、中田クンの虐待されていたという生い立ちとエキセントリックな行動を、さもよく理解しているかのように=で繋げてしまっていいのか?というあたり、物足りなさを感じる。原作読めってことかな?

『ピーヴ遷移』のマンガ自体のモンスター感、『タンポポ鉄道』のほのぼの感、『ツノヒメさま』の軽さとメジャー感、『 ドラゴン急流』の正統ロングランマンガ感、『KICKS』のストレートなサッカーマンガ感、マンガ家の個性とよく似たそれぞれのマンガの個性も楽しくて、とっくにマンガを読まなくなってしまった者にもマンガの魅力が伝わってきた。TBSのサイトに行くと、ドラマに登場するマンガの試し読みが出来るらしい。そりゃ読むよね。でも、中田クンがネームを絶賛した沼田さんのマンガが一番読んでみたかったかな…。

黒木華ちゃんのファッションがダサさと可愛さの間の絶妙な線で毎回楽しみだった。見るだけで元気が出るファッションですごく子熊に合ってたと思う。スタイリストさん、グッショブ。

あと、いろんな街が見られたのも楽しかった。ロケ地探して行ってみたい。