ロ角

心霊マスターテープ-EYE-のロ角のネタバレレビュー・内容・結末

心霊マスターテープ-EYE-(2022年製作のドラマ)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

撮ることの加虐性。前作における「マスターテープ」は、文字通り「知られざる心霊世界」のマスターテープ、志津江の念写した呪いの写真、そして今作は、瞳の目に焼き付いた、悍ましき日々。タイトル通り、「目」そのものが、マスターテープだった。
罰を与えられる対象として、自罰的に谷口監督が生み出したシン(sin)は、最後まで撮り続けることを、諦めてしまった。「監督さんなんだ、かっこいいね」という谷口監督の息子さんからの言葉に、「そんなことないよ」と諦めたように返すシン。覚悟を感じるカットだった。
ホラー作品としてもとんでもなく秀逸で、心霊的な怖さ、人間的な怖さ、両側面から視聴者を刺す作りとなっている。チラリズムの妙が炸裂しており、いじめの加害者に送られてくる呪いの映像もどれをとってもめちゃくちゃ怖い!
そんでもって心霊マスターテープの良さである、同窓会感も失われていない。心霊パンデミックのスタッフに始まり、オウマガトキFILMのお2人も登場する、オカルト好きにはたまらないものとなっている。傑作!