開明獣

天空の旅人の開明獣のレビュー・感想・評価

天空の旅人(2022年製作のドラマ)
5.0
人生に余裕のある人には分からないと思う。どこかで壊れてしまった、もしくは失ってしまったかけらをいつまでも求めて彷徨う、そんな気持ちをどこか心の片隅に抱えている人は少なくないのではないだろうか?

シシー・スペイセクとJ.K.シモンズという、これ以上望むべくもない布陣で、物語は今スタートしたばかりだ。

ただのSFでは終わらない何かを感じさせてくれる。ベクトルは全く違うが、テッド・チャン原作で、ドニ・ヴィルヌーブが映像化した「メッセージ」と似たオーラを感じる。

派手などんぱちはないが、こういう静謐な作品に心惹かれる。さりげないが、深く訴えてくるセザンヌの静物画のような逸品。