bassaa1992

わにとかげきすのbassaa1992のレビュー・感想・評価

わにとかげきす(2017年製作のドラマ)
3.7
友達いない、彼女いないというめちゃくちゃ冴えない38歳の富岡(有田哲平)が主人公。
隣人の羽田(本田翼)は富岡のことが好きで、富岡の行動を監視したりしている。
ある日、富岡の職場に2人の新人の花林(賀来賢人)と雨川(吉村界人)が入り、しだいに仲良くなっていく。そこから話は進みヤクザの彼女と共謀しヤクザの家の金庫を盗み山奥まで逃走したが、その先から衝撃の事件が巻き起こっていく!
事件後は富岡と羽田の関係は深くなっていきラストを迎えることになる。

ダサいおっさんの富岡と美人な羽田さんという対象的な2人が付き合ったり、他にもありえない斬新な展開が多かったけど、2人の言葉ややり取りで心に残ることがありました。

富岡のように自分の弱みを隠さず認めることは難しいけどだましだまし生きていてもしんどいし、変なプライドは捨てて生きるのもアリだなと思いました。
羽田さんが結婚して子どもを育てる覚悟はあるのかと富岡に問いかけたときに、軽い気持ちで結婚や子育てを考えてはいけないと思いました。覚悟という言葉が響きました!

このドラマを通して感じたことは、自分のことを大切にしてくれる人が1人でもいることは幸せなことだと思いました。恋人や人生のパートナーに大切な存在だと思ってもらうのはもちろんですし、そう思ってくれる友達を持つことも人生の中で大事だなと思いました。

最後に本田翼さんはホンマにユーティリティーだと思います。こういう役もこなすんだなと感心しました。本田さんの枠にはまらない生き様はカッコいいです。今後、本田さん主演の大ヒット作が生まれることを願います。