Masataka

FARGO/ファーゴのMasatakaのレビュー・感想・評価

FARGO/ファーゴ(2014年製作のドラマ)
5.0
ドラマがレビューできるようになった!
ということで記念すべき1回目のレビューは「ファーゴ」にします。

コーエン兄弟によるコメディ(?)映画「ファーゴ」は非常に良く出来た素晴らしい映画で、これによりコーエン兄弟はその名を世界に知らしめた。ファーゴでは、冒頭で「This is a true story」と出るせいで(実話じゃないのに)実話だと勘違いした日本人女性が宝探しに冬のミネソタに行って凍死するという事件があり、これも菊地凛子主演で映画化された。そして、この事件もウソである。

という映画単体としても何とも魅力的な作品であるファーゴのTVシリーズ。
シーズン1は、大筋としては映画と同じような展開なのだが、登場人物が少しずつ違うのと、新たな人物もたくさん登場する。中でも、殺し屋ローン・マルヴォのキャラクターが凄まじく、同じくコーエン兄弟の映画「ノーカントリー」のアントン・シガーを彷彿とさせる。しかも人に悪を唆すサタン的な役回りで、独自のユーモアさえある。全く先の読めない展開に、一度見出すと止まらないから注意した方がいい。