yakko

FARGO/ファーゴのyakkoのレビュー・感想・評価

FARGO/ファーゴ(2014年製作のドラマ)
4.1
映画版のブラックユーモアは当時あまり理解できなくて、隣の席でウケている外人にジェラシーを感じた思い出…

映画の世界観を壊すことなくそのままに。
ドラマは10話構成なのでディティールまで描かれていて人物描写も掘り下げられているので善の人々を応援したくなる!

舞台は冬のミネソタ州。
何をやってもダメな保険屋のレスター。
同級生でいじめっ子だったサムに遭遇し、散々バカにされた挙句殴られる振りに驚き転んで鼻を怪我してしまう。←ここ重要!
病院の待合室で偶然隣に居合わせたローン・マルヴォ。
“俺がサムを殺してやろうか?”
“ああ”
勿論レスターは冗談だと受け流した。
自宅ではいつものように妻になじられ、とどめの一言にカッとなりハンマーで妻を殴り殺してしまう。
動揺した彼がローンに助けを求めたことからこの町の不幸な出来事が始まった…

不幸の連鎖の絡み具合が上手いんですよね〜!一見、脱線しているかのようなんだけど、ちゃんと繋がっていて。一辺倒のストーリーじゃないからホント面白い。

8話で一旦区切りがついたかのようだったのに…
人間、どんなに大物になっても本質は変わらないという教訓をいただきました 笑

1番好きなキャラはモリーです!
最後のシーン良かったですよね〜^_^