青山

ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン1の青山のレビュー・感想・評価

3.0
こないだうちメンタルが死んでて僕なんかが映画を好きだなんて笑わせるよ、いや、今まで何かを好きになったことなんて一度もないんだ、いいもんじゃあもう映画なんて2度と見ないもんねっとか思いつつ遺書の内容を考えたり楽な死に方を調べたりしてましたが、それもそろそろ飽きたので久々にfilmarks開いてみたらドラマとかいう機能が追加されててびっくりして、でも新しいもの好きなのでせっかくだし乗ってみようというだけの理由でこれをマークしました。

シャマラン監督製作のドラマです。前半5話と後半5話でガラッとジャンルが変わる構成が見事です。前半は謎の街に迷い込んでしまった男を描いた不条理ホラーという感じで、誰も彼も怪しすぎる街の住人たちが怖くて怖くて続きを見るのをやめられませんでした。
そして、前半のクライマックスで明かされるある趣向まではめちゃくちゃ面白かったんですけど、いかんせん後半が好きじゃない。
話がどう展開するかを書くとネタバレになるのでふわふわしたことしか言えませんが、そりゃないでしょうよ。シーズン2を作るためだけにそんなラストにして製作側は心が痛まないのか。お前らには人としての良心がないのか。前半が面白かっただけに後半、特にラストの締めくくりにはガッカリです。