Takumin555

鈴木先生のTakumin555のレビュー・感想・評価

鈴木先生(2011年製作のドラマ)
-
「今の学校教育は、手のかからない生徒の心の磨耗の上に支えられている」
学園ものは多いが、答えのない課題にたいして生徒達と向かい合う鈴木先生の姿は、会社の縮図そのもの。
また性の問題について、大人でも考えるべき課題を取り組んでいる。
一人一人がいろいろな価値観を持っていて、誰が正しくて誰が正しくないなんて言えない。だからこそ、その考え方を切るのではなく認めることが社会では必要、ということを改めて感じさせてくれるドラマ。多様性とはなにか?性を題材によく描けているドラマだと思う。