Kotoko

麒麟がくるのKotokoのレビュー・感想・評価

麒麟がくる(2020年製作のドラマ)
-
ずっと楽しく観てたけど、最近駒と伊呂波のパートが多すぎてちょっとイラっとすることがある。
ただの町娘がこんなに政治に関与して物申したりしないだろうし、伊呂波もいくら関白と近しいと言っても影響力ありすぎでは?と思ってしまう。
オリジナルキャラクターであれば、まだ菊丸のほうが違和感なく物語に溶け込んでいると思う。
資料が乏しくて創作部分が多くなるのはわかっているので、だからこそその時間を光秀や信長など実在した人物の描写に当ててほしい。