MIDORI

BULL/ブル 心を操る天才 シーズン4のMIDORIのレビュー・感想・評価

3.5
今シーズンは主役ブルよりも、ベニー、テイラー、チャンクの三人の話が多めでした。

ブルは前回シーズンの最後にイジーの妊娠が発覚したので、今までダイアナやイジーで板挟みになっていたストーリーも無くなってしまい、完全に落ち着いてしまった印象。

離婚した姉と再びくっついたブルに納得がいかなかったベニーが会社を去ってしまいましたが、戻ってきたベニーは、今までのようにブルの言うことをただ聞いているだけではなく、ズバズバ意見を言うようになったことがシーズン4の面白味。実際に法廷で弁護するのはベニーですし、ベニーも切れ者の検察官だったので、ベニーの戦略で進める回はいつもよりワクワクします。

ブルの話が減ったのと同じように、なぜか右腕マリッサの話もガクッと減って、今回はテイラーの話が多い!テイラーの無謀なチャレンジをブーブー言いながらフォローするベニーと、冷静に対処するブル(笑)シーズンフィナーレもテイラーの話でしたが、テイラー絡みの話ほんと多いな…マリッサも見たい。

そして、ロースクールの学生でもあるチャンク!どういうワケか分かりませんが、シーズン後半になったら、チャンクが全然出てこなくなりました。でも、前半のほうはチャンク大活躍で、療養中のベニーの代わりに弁護人を務めたり、チャンクのアドバイスで被告人の証言が上手くいったり、実の娘との関わりなど…。チャンクがロースクール卒業したら、どうなるのかそれも今後の楽しみです。

CBSのドラマは流し見出来るので、そこが良いですね。NBCやFOX制作のドラマはヒューマン系が多くて、ちょっと見逃すと全然ついていけなくなりますが、CBSはサスペンスだけど一話完結で軽快なストーリーになっていたり、アクションとかが多めだったりするので、ドラマの1/3を見逃しても話が分からなくなることはほぼないです(私の場合ですが…)