ouch128

東京タラレバ娘のouch128のネタバレレビュー・内容・結末

東京タラレバ娘(2017年製作のドラマ)
-

このレビューはネタバレを含みます

2019.01.13

自分にしては珍しくこの手のものも。

大分住む世界が違う人達の事を見ていた感じだけれど、割と皆本能で生きていて、自分とは真逆で、少し憧れもした。
共感はあんまり出来なかったけど、「じゃあ自分はどうなのか?」と問うには十分過ぎる痛さもちゃんとあって、棚に上げがちな自分に対して向き合う材料を貰った気がしないでもない。

自分の愚かさも分かってて、その上で傷付きに行ってる彼女らの方が、真っ向から生きているんじゃないかな。傷付きにすら行けずに守っている自分にとっては、割とグサグサ来たかもしれない。